FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

三流亭まん丸でございます。



大学入試改革、もめてますねぇ。

英語で民間試験を活用する・しない、
記述式の正答の判断格差をどうするか?

ロクな議論もせずに無理やり押し通すからでしょうにねぇ。
こんなこと前から指摘されてたことでしょうにねぇ。
実施っていう段階で何をいまさら、って感じですねぇ。

ま、受験をビジネス、利権として、
一儲けを企てようとしているオヤジたちのせいで
当事者である高校生とその保護者が
振り回されているわけですよねぇ。

現在高校生の皆さん、保護者の皆さんは
気が気でないのでは??

我が家の次男坊も来年から高校生ですので
(中高一貫ですので高校受験はしませんが・・・)
大学受験のことも考え始めなければなりません。

とても他人事ではありませんねぇ。

ま、今の最善は、とりあえず改革案は白紙に戻す。
後々改革はするかもしれないが、
しっかり議論しオチの無い制度設計がなされるまでは、
とりあえず現行方式のまま、ってことでしょうかねぇ。




でね、個人的に大学受験について
考えていることがあるんですよ。

センター試験の実施内容がどうのこうのではなくて、
「センター試験みたいな方式を継続するか廃止か」が、
大学入試改革のポイントなんじゃないかなって
思うんですよねぇ。

もっと率直に言いますと

大学入試を行うならそんなもん、
学校ごとに独自の問題を作って、
独自に試験回数も決めて、
独自の試験をやればよろし。


だって、中学受験や高校受験(私学)は、
こういう子供に来てもらいたいという
学校側の趣旨というか意図に沿った問題を
学校ごとに独自に作成し、独自に試験するわけでしょ。
場合によっては複数回の受験機会を設けてね。

就職活動だって、全就職希望者を一斉に集めての
共通の一次試験なんてやんないでしょ?
受ける側も、
行きたい会社の採用試験をそれぞれ受けるわけだし、
採用する側も、
欲しい人材を選別できるような独自の採用試験やるわけだし。

なんで大学だけ、
受験生を一斉に集めて行う共通のテストがあるの?
ってことですよ。

大学ごとに行われている今の2次試験だけでいいじゃないですか。

そりゃ昔にね、受験戦争なんていってね、
加熱する大学受験をめぐって様々な問題が噴出して
(裏口入学、口利き、コネ、贈収賄、得点操作、問題漏洩・・・)
共通のテストを実施した方がいいってことになったっていう
いきさつは知ってますよ。

それをリアルタイムで経験してきた世代ですから。

そして時代の変化とともに
その共通一次が今のセンター試験に変化してったこともね。

でもですよ、今はあの時と違う。
さらに状況が変化してるわけですよ。

だから大学入試改革を、っていうのはわかるんですけど
やるなら小手先の選抜方法の中身を変えるのではなく
そもそも共通のテストを実施する必要があるのか?っていう
そもそも論から見直す必要があると思うんですよねぇ。

昔と違って少子化が進み、
学校にこだわらなければ
大学全入時代なわけでしょ?

しかも、何が何でも東大・京大・旧帝大、
早慶上理にG-MARCHってな風潮が薄れ、
地元国立や、浪人を避け身の丈に合ったレベル、
やりたいことに見合った専門性のある大学へ、
といった多様な価値観に拠る学校選びが
主流になってきてるんでしょ?

そういう変化がある中で、
なんで受験生を一斉に集めての、
画一的なセンター試験のような共通テストを
継続して行わなければならなのか?ってことですよ。

理工系大学なら受験科目は理・数だけ、
外国語教育がウリなら英語+その他の外国語だけ、
工芸・技術系なら実技だけとかでもいいじゃないですか。

出題形式だってマークシートでも記述式オンリーでも、
なんでもいいじゃないですか。

それぞれの大学が独自に作成すれば。

その方が各大学の個性や特性が強調されるようになるし、
より目的意識を持った勉学志向の高い学生も集まるだろうし。

特色のない同じような金太郎飴大学も減り、
ただ大学に行きたいだけの
「とりあえず大学生」も減ると思うんですよねぇ。

それで受験生が殺到するなら、
それは学生のニーズに合った望まれている大学なんだろうし、
まったく集まらないなら、
学生にとって魅力のない必要のない大学だってことなんですよ。

そうすることで不用な大学がだんだんと淘汰されるだけでなく、
「この公園には滑り台をする」(読売新聞・12/6)なんて書く、
中学受験勉強中の小学生にも劣るような大学生もいなくなって、
下がり続けている大学や大学生の社会的評価が
少しは上がるような気がしますけどねぇ。


今現在指摘されているような大学入試改革の諸問題は
「それぞれの大学が、大学の求める資質を持った学生を、
独自の方法で選ぶための試験」という原点に回帰さえすれば、
それで万事問題解決されちゃうような気がしますねぇ。

その方が制度もスッキリするし、
政官民の癒着、利権もなくなるしねぇ。

・・・また政治家の口利きなんていう不正が
蔓延るかもしれませんがねぇ。(苦笑)




というわけで、「まん丸大学」学長である私が、
こういう学生にぜひ学びに来てほしいという願いを込めて
独自の入試問題を考えてみました。

これぞ「大学入試を考える」。(笑)


まん丸大学入学希望の方、
ぜひ解いてみていただきたいと思います。

(余白はメモ、計算に使ってもよい)



問題① (各10点・計30点)
「風が吹けば桶屋が儲かる」、では「雨が降る」とどうなるか、(   )内を埋めなさい。

雨が降る→(   )→(   )→(   )→爺、固まる




問題② (20点)
「謎の壺」、「ミトコンドリア」、「北条時宗」の3つのワードを全部使って小咄を作りなさい。ワードの順番は問いませんし何回使っても構いません。また字数制限はありません・・・が、ほどほどに。




問題③ (各10点・計20点)
次の文は松鶴家千とせの名作「わかるかな、わかんねえだろうなぁ、イエイ」からの一文です。その文章を読んで次の問いに答えなさい。

「俺が夕焼けだったころ、弟は小焼けだった。母ちゃんはシモ焼けで、父ちゃんは胸焼けだった」。 

では、爺ちゃん、婆ちゃんはそれぞれ何? 




問題④ (10点)
今年の大河ドラマ「いだてん」の視聴率が大不振となってしまった理由をアナタなりに考えて、(   )に当てはまるように書きなさい。

(            )だもの。 みつを




問題⑤ (20点)
2019年を振り返って、アナタが最も笑ったことを、私が今年一番大笑いできるように、面白おかしく書きなさい。






採点基準はただひとつ。
面白いか否か。

なかなか難しいでしょ?


でも、お答えくださった皆様は全員合格です。(笑)




ま、皆様からの反応がなければ、
このブログが淘汰されるだけですよねぇ。(笑)








2019.12.04

イラつく年末

どうも。

三流亭まん丸でございます。


前回はすいませんでしたねぇ。

独断と偏見に満ちた個人的見解の押し売りみたいな内容を、
よくもまああれだけウダウダと
書き連ねたもんだと自分でも呆れてます。

海より深く反省中。

でもね、書いてスッキリさせないと
他のことが何も書けない気がしてですね、
どうしても書かずにはいられなかったんですよ。
・・・人間だもの。(苦笑)

ま、あれだけガッツリ書いたことで、
おかげさまでスッキリしました。
もう、しばらくは政治については書きませんのでご安心を。

で、今回は「イラッ」の続き。(苦笑)




年末が近くなって来年の話題が
ちらほら出始めるころになりますと、
何かとせわしくなくなりまして、
イライラしがちになるもんですよねぇ。




1つ目の「イラッ」。

先日のこと、とある地方の駅構内で、
目当ての電車が何番線なのか探してるときに、
左足のかかとをガツンと蹴とばされたんですよ。

不意に食らった衝撃とその痛みに
「ううっ」とうずくまった私の横を、
歩きスマホの若い兄ちゃんが
通り過ぎていったんですねぇ。

その兄ちゃんは謝りもせず
一瞬たりともスマホから目を離さず、
何ごともなかったかのように通り過ぎ、
歩きスマホしたままスタスタと・・・。

イラッときましたねぇ。

人をゴミみたいに扱いやがって。
これでも超零細企業の社長なんだぞ、
っていう誇りが・・・

ホコリが・・・

埃が・・・

ゴミ扱いされてもしょうがないか。(苦笑)


しかしまあ、これだけ、あっちこっちから
「危ないからやめましょう」って言われてるのに
歩きスマホ、無くなりませんよねぇ。

衝突事故や転倒事故も増える一方です。
もはや物理的で強制的な対策を講じないと、
本当に危ないですよねぇ。

で、なんかいい方法はないか、
考えてみましたよ。

スマホに障害物探知センサー機能を付けて、
障害物に近づいたらビービーと
アラーム鳴るようにしておくの。

どうです?

そうすりゃ転倒しないで歩けるでしょ?


・・・こういうのを本末転倒と申します。




2つ目の「イラッ」。

最近、車を運転しててよく出くわすんですけど、
タクシーをね、交差点内で停める人がいるんですよ。

右折した直後なんかに停められちゃうと、
右折しようとしている後続車が
交差点内で立ち往生しちゃいますからねぇ。
本当に危ないですよ。

イラッとしますよねぇ。

これ、交差点でタクシーを停める運転手さんも悪いですが
それ以上にそこでタクシーを停めようと手を挙げる客が悪い。

ゴルフと同じ。

ドライバーが悪いんじゃなくて
腕が悪いんです。




で、最後は怒涛の「イラッ」4連発。


カチンコチンのハーゲンダッツを食べようとしたら
スプーンがグニャッとユリ・ゲラーに。


いつもは簡単に指がポキポキ鳴るのに
昨日はなぜか鳴らなくて、
無理やり曲げたらベキッと音がして、
いま、左手ヒトサシ指の付け根が赤く腫れて、
痛ぇのなんのって。


1.5m先のごみ箱狙って
丸めた紙屑投げたら3回連続で外れ、
いちいち拾って持ち帰り、
これから4投目を投げるところ。


車の運転中にケータイが鳴ったので、
停車して出ようとしたら、切れちゃって。
こちらからかけなおしたら、通話中。
で、出発したら、また鳴ったので、
停車して出ようとしたら、また切れちゃって。
こちらからかけなおしたら、また通話中。
で、出発したら、またまた鳴ったので、
停車して出ようとしたら、またまた切れちゃって。
こちらからかけなおしたら、またまた通話中・・・


あ~!! 

イライラする~!!



まあね、なんだかんだ書きましたけど、
こういうことにいちいちイラッとしてしまう自分自身に、
今、一番イラッとしておるんですよねぇ。(苦笑)






2019.12.03

イラつく政治

どうも。

三流亭まん丸でございます。


イラつきますねぇ。

何にですって?

日本の政治に、ですよ。


もうね、言いたいこと山積なんですよ。
でね、お笑いの記事を書いてても、
いつの間にかそういう内容に変わってっちゃって、
終わることのない文句をダラダラ書き連ねてるんですよ。

この症状が最近あからさまに酷くなってきましたので、
ここらでその重い竹・・・いや、思いの丈を吐き出し、
ぶちかまさせていただこうかと存じます。

そうでないとね、ほんとにここらでスッキリさせておかないと、
まともな「お笑い」カテゴリーの記事が書ける気がしない・・・
って、まともな記事なんて書いたことないですけどねぇ。(笑)

この記事書いたら、しばらく政治に対してガタガタいうのは
やめます・・・
たぶんやめると思う・・・
やめるんじゃないかな・・・
ま、ちょっと覚悟はしてくださいな・・・ (苦笑)

興味のない方はここで読了していただいても結構です。
もし「読んでやろうか」とお思いの方、
長くなりますけど、お付き合いのほどを。

では、始めます。




相変わらず日本の政治はダメですねぇ。

野党のグズグズ度合いは
もう救いようがないですねぇ。

①桜を見る会への地元選挙区有権者の私的招待は公職選挙法違反。
②前夜祭の安倍事務所の対応は政治資金規正法違反。
③反社会勢力との接触は公務員倫理規定違反(国会議員は特別公務員)。

法的に問題があるであろうこの3点に絞って追求しないと、
これまでのように「法的には問題ない」で言い逃れられちゃいますよ。
にもかかわらず、あの的外れのピンボケの間抜けさ加減、
一体何なんでしょ。(苦笑)

招待状の「60」が首相・長官推薦枠なのか?
と、忖度官僚に聞くこと自体がナンセンス。
口を割るわけないでしょう。
時間の無駄です。
聞くなら桜を見る会を開催したことのある
元首相の鳩山さんに聞けばいいじゃないですかねぇ。
元内閣官房長官の枝野さん、そうじゃありませんか?

鳩山さんじゃあ・・・ですって?

そうかもしれませんねぇ。 (苦笑)


シュレッダー見に大挙押しかけて
ストップウォッチで紙裁断するのに30秒・・・
あれだって、ほんとアホ丸出しですよねぇ。
突き詰めるところは、そこじゃないでしょ。

私的招待した後援者の数、反社勢力の有無、
つまり誰を呼んだのか、知りたいんでしょ。
だから、どうしても名簿、調べたいんでしょ。 


半年前のシュレッダーの使用記録なんていう
そんな紙屑のようなものまで保存する役人が、
5500万円かけて催された公式行事の招待者名簿を
誰かの強制的な指示(圧力)がなけりゃ
ひと月足らずでそそくさと破棄するわけがない。
絶対にあるはずなんです、どっかには。

なぜそのどっかにある名簿を
死に物狂いで、本気になって、
探さないんですか??

見せたくないものを隠してるわけですから
こちらが探し出さない限り出てくるわけがないでしょう。
文春に頼りすぎですよ。

だいたい名簿なんていうものは、
エクセルファイルかなんかで作成して
関係各省庁の各担当者同士で共有する
っていうものじゃないんですか?
ならば、大元のサーバーの名簿は
消しちゃったかもしれませんけど、
その各担当者のうち、
招待者名簿を自分が使用しているPCに
ダウンロードして仕事をしていた人は
絶対に1人以上はいるはずですよ。
個々の使用しているPCの「桜を見る会フォルダ」内に
名簿が残されている可能性はあるわけですよ。

仮にもし、ダウンロードしている人が
誰一人いなかったとしても、
関係省庁・関係部署での連絡で
メールを使っていたならば、
そこに名簿ファイルが添付されていた可能性は
非常に高いはず。

各省庁・各担当者の個々のPCの中にある
データ、通信記録を何でしらみつぶしに調べないんでしょ。

仮にもし、各担当者の個々のPC内フォルダにもなく、
通信記録にも添付されていないとしたら、
名簿は紙媒体で複数存在していたはずですよ。
複数の関係省庁・関係部署・各担当者で連絡を取り合い
スムーズに事を運ぼうとするならば、
名簿はそれぞれが保有していたと考えるのが普通でしょ。
たった一部の原本をあっちゃこっちゃで
使いまわししてるなんて馬鹿げた原始的なこと
しているわけないですからねぇ。

ならば、コピー機ですよ。
今どきのコピー機は、コピーする書類をスキャンする際、
そこに書かれてる内容をデータとして
コピー機本体に一旦保存するものもあるんです。

ということは・・・?

なんで全コピー機の保存データを調べないんでしょう。


桜を見る会ならぬ、シュレッダー見る会なんてことを
やってる場合じゃないですよ。

死に物狂いになって本気になって調べようとすれば
探し出せる可能性がある方法はいくらだってあるんです。
「名簿出せ」「破棄した」「あるはずだ」「ない」という
意味のない押し問答を繰り返してる時間があるなら、
重箱の隅をつついてつついて突き破って底抜くくらい
徹底的に調べなさいよ。

名簿を探し出して、首相の前に突き出して、
「おうおうおう、この桜名簿が目に入らねーかい!
この桜名簿が、全てお見通しでいっ!」
って言ってやりなさいよ。

そこまでのことをやらないってことは
つまりは本気じゃないんでしょ。

ただ「疑惑だ」「問題だ」って騒いでるだけなら、
そりゃ国民向けのただのパフォーマンスだと、
冷笑されるのがオチですわな。

ああ、イラッとくる。




でもね、それ以上に酷いのは
やはり安倍政権ですよねぇ。

領収書はない、名簿は捨てちゃったなんて、
一般社会や企業だったら全く通用しない、
「いつまで馬鹿なこと言ってんだ! 早く出せ!」
って上司に一喝されて「ハイ、終わり!」程度の、
誰もが呆れてしまうほど
稚拙でその場しのぎで低レベルな言い訳並べ立てて、
相も変わらず都合の悪い情報は
強引に無かったことにしてしまうんですからねぇ。

公文書管理と情報公開というのは
国民(立法府・議会)が行政を監視し、
行政過程・経過が適正か否か検証し、
行政府の不正や独断専横を防止するための、
三権分立・民主主義を成立させる為の大原則。

それをないがしろにするってことは、
白馬にまたがるデブ将軍を奉る北や、
くまのプーさんが君臨する国と
やってることがまったく同じなんですけどねぇ。


よくね、安倍さん支持の方が
「たかが桜を見る会みたいなちっちゃなことで・・・」
って言われますけど、でもね私から言わせてもらえば
「たかが桜、されど桜」ですよ。

大きな嘘をつく人が
小さな嘘をつくかどうかはわかりませんが
小さな嘘を平気でつく人は、
大小かかわらず全てにおいて
ほぼ間違いなく嘘つきますからねぇ。

安倍政権のこれまでとってきた対応は
一事が万事、すべてそう。

次から次へとよくもまあこれだけ同じような話が
ボロボロと出てくるもんだ、と呆れているとともにですね、
それは法的には問題ない(法的に問題ないように法改悪している、
法的に問題ないように改ざんしている)かもしれませんが、
その倫理の欠落した強引・傲慢なやり方と
その不誠実な対応に辟易しつつ、
イラッとしてるわけですよ、私は。

このような方が7年以上
日本の政治のトップなんですよ?!

ほんと、恥かしいやら、情けないやら・・・


私はね、自民党中心の政権じゃないと
日本はダメになると思ってます。

(与党圧倒的多数ではなく与野党拮抗の
政治的緊張状態があればなおいい。)

でもね、このままの状態で、
このままの安倍政権が続くようでは
日本はますますダメになると心底思ってます。

自分にとって不利・不都合が生じたときの
あの安倍さんの不誠実で無責任な対応の仕方が
政治のスタンダードとして定着化してしまうと、
それが一般社会に伝染し蔓延していくんです。
それは早かれ遅かれ家庭や子供周辺に及んでいき
そして子供たちも「ああ、あんないい加減でいいんだ」って・・・

正直者が馬鹿を見る、不誠実で無責任な世の中に
絶対にしてはならないんですよ。
それは我々現役世代が、後の世代のために
絶対にやらなければならない
最低限かつ最も大切な役目なんです。


自民党の方、本当に安倍さんしかいないんですか?
本当に安倍さん以上の人、いないんですか?
そう言わないと自分の地位・立場が危うくなるだけじゃないんですか?

もし心の底から「いない」と仰るようでしたら、
それはもうグダグダ野党のグダグダ議員の皆さんと同じ低レベル、
同じ穴のアホムジナだってご自分で認めてるようなもんですよ。

長い物には巻かれろ的思惑のコバンザメ政治家になりたくて
政治家を志したわけではないんでしょ?

今のこの不正がまかり通って、
それを誰も何も言わない状況を
たたただ何も言わず甘んじて受け入れているご自分を
政治家として情けなく思わないですか?

絶対にいっらしゃると思いますよ、
誠実で正直な自民党の議員の方は。

そろそろこんなウソつき・不正をノックアウトするべく、
立ち上がってくださいな。


ああ、ほんと、安倍さんのあの顔を見るだけで、
あの声を聴くだけで、イラッときますねぇ。

※個人の感想です。感情には個人差があります。





今から30年後の日本。

とある政治学専攻の大学生4年生が
「安倍政権が憲政史上最長政権になりえた理由」
をテーマに卒論を制作していた。


「あらら、公文書や資料、データが何一つ残ってないぞ。
これじゃ、何をやったのか、どういう風にやったのか、
何もわからないし、何も調べられないなぁ・・・。

なるほど、だからか!! 




・・・笑うに笑えませんねぇ。












どうも。

三流亭まん丸でございます。


本日から師走がスタートしております。
では、毎年恒例の暮れの元気なご挨拶から。

しわっす!

・・・おんなじこと、何年やってんでしょうねぇ。(苦笑)


おんなじことついでに、
これも毎年恒例のことですが、
12月限定テンプレートに変えてみました。

クリスマスが終了したら、
これも毎年恒例のことですが
すぐに元に戻しますけどね。



さて、師走となりますと
気ばっかり焦っちゃいまして
セカセカしてしまいますねぇ。

そのせいか、あらぬことを口走ったり、
思ってもいないような言葉発したり、
言い間違いをしたりすることも多くなりますが、
はて、何をそんなに焦ってるんだろう?
ってしみじみ考えてみますと、
実は、特にやることも無かったり
するんですよねぇ。(笑)




お肉屋さん

「大将、ロース300g、カルビ200gくださいな。」
「奥さん、まいど!」
「あ、ついでにモンブランの焼肉のタレ、あるかしら?」
「あいにく。」

・・・あったらビッ「クリ」。



パスタ

「今晩のご飯、何?」
「パスタよ。」
「ミートソース?」
「いいえ、ボラギノールよ。」

・・・カルボナーラですよねぇ。(汗)



感動したアニメ

「私、ハイジ。」
「オレ、宇宙戦艦ヤマト。」
「僕は、フラダンスの犬。」

・・・踊れ!パトラッシュ!



望遠鏡を覗く

「月の表面ってボッコボコなんだね。」
「クーデターっていうんだよ。」

・・・クーデターでもボッコボコ。



ディズニーランド

「ハニーハントに乗りたい!」
「あ、ペーさんのね。」

・・・アキャキャキャキャ ~ !!
     (by パー子)



味噌汁

「具が何にも入ってないじゃないか。」
「具になりそうなもの、無かったのよ。」
「せめてワキゲくらいパラパラっと…」

・・・ご自分のをどうぞ。



親子でジャニーズ?

「あなた、嵐のファンなんでしょ。」
「そうよ、お母さんは?」
「キンキンズよ。」

・・・北大路欣也&愛川欽也。




薬屋

「風邪気味なんです。」
「いつも飲んでる市販薬ってございますか?」
「カウンタック、飲んでます。」

・・・超絶素早く効きます。




アカペラ

「この男性グループ、上手ねぇ。」
「ほんと、きれいにホモってるね。」

・・・何人組なんでしょうねぇ。




慌てず、急がず、正確に。

別に師走だからといって
焦らなくたって言い訳で。

あ、間違えた。

・・・良い訳で。








2019.11.29

S (エス)

どうも。

三流亭まん丸でございます。


「ご隠居ぉぉお! た、大変だ、大変だ!!」
「八五郎、そんな慌てて一体どうしたっていうんだい。」
「FC2ブログのお知らせ欄に、【重要】Google Chrome で混合コンテンツがブロックされることが発表されました。 って書いてあったんすよ。」
「それの何が大変なんだい?」
「ブロックされちゃうんでよ、ブログが! ブログがブロック!」
「つまらんダジャレを申しなさんな。」
「どうすりゃいんでしょ? 何すれば?」
「まあ、まあ、ひとまず、落ち着きなさい。」
「これが落ち着いていられますかって。10年書き連ねたブログが見れなくなっちまうかもしれないっていうのに。」
「で、その説明には、なんて書いてあったんだい?」
「なんか書いてありました。」
「なんかって・・・。読まなかったのかい?」
「ええ、読みましたよ。・・・平仮名だけをね。」
「それじゃ、何書いてるかわからなかっただろう。」
「ええ、だからここへすっ飛んで来たんすよ。」
「まあ、そういうことなんだろうがね。・・・よし、そのお知らせとやらを私が読んでみようかね。」
「そりゃ有難てえってもんです。」
「・・・ふむふむ。・・・ほうほう。・・・はらほろひれはれ。」
「ご隠居、いかがですか?」
「難解だな。」
「ホークスですね。」
「今どき、わかる人いないようなこと、言うんじゃありませんよ。」
「で、どうでしょう。何をすればよろしいんでしょう。」
「まあ、そう焦らずに。・・・ふむふむ。・・・ほうほう。・・・はらひでこ。」
「あの、ご隠居。」
「なんだい?」
「もしかして、ご隠居でもおわかりにならないんじゃ?」
「何をいっておる。ここに書いてあることくらい、すべて承知しておりますよ。」
「だったら、そろそろ、わかりやすくご説明してほしいんすがね?」
「では、言う通りにしてくださいよ。」
「へい」
「まずは八五郎。お前さんのブログをSSL化しなさい。」
「SSL化?」
「ああ、SSL化だ。」
「シュッポシュッポシュッポッポ ♪ 」
「SLかっ!  ・・・そうではない、SSL化じゃ。」
「どういうことでしょう。」
「HTTPで始まるURLを、HTTPSに変えればよろしい。」
「わかりました。 HTTPで始まるURLをHTTPSに変えればいいんすね。」
「ほんとうにわかったのかい?」
「ええ、10年もブログやってますってぇとなんとなくね・・・。ありがとうございやす。では。」
「これ八! 八! ・・・行ってしまいましたか。 相変わらずせっかちですねぇ。」


「おう、熊さん」
「どうした八っつあん、すっきりした顔して。ションベンでもしてきたか?」
「いきなりションベンとは、品がねぇな。」
「品だけじゃねぇぞ、金もねぇ。」
「じゃ、おれの勝ちだな。おれには学もねぇからな。」
「・・・悲しくなっちまうね、どうも。 で、どうした?」
「学がねぇからよ、今、ご隠居のとこ行って、わからないこと聞いてきた。」
「で、わかったのか?」
「もちのろんよ。」
「さすが、ご隠居、何でも知っていらっしゃるねぇ。 で、何を?」
「ブログをブロックされない方法をね。」
「つまらんシャレ言ってんじゃないよ。で、どうすんの?」
「なんでも、URLってぇのをHTTPからHTTPSに変えればいいらしい。」
「なんだい、そのURLってぇのは。」
「んっ?! URL?!」
「うわっ そういう肝心なところは聞かずじまいかい。 相変わらずそそっかしいねぇ。」
「ち、違うわい! それぐれえ、元から知ってんだよ。」
「じゃ、もう1回聞くけど、URLって何だい?」
「ほれ、あれだよアレ。」
「ほう、あれか。」
「そうよ、あれよ。」
「で、何だい?」
「ほれ、・・・最近、吉岡里帆ちゃんがテレビのコマーシャルでやってるやつだよ。」
「どんべえか?」
「あれ、かわいいな。」
「ああ、ほんと、食べちゃいたいくらいにな。」
「食っちゃえよ、うどんなんだから。・・・って違うよ。ほれ、やってんじゃねぇかよ、「URでエール ♪ 」って。」
「あ~、あっちね。」
「そうよ、あっちよ。」
「ま、確かにいわれてみればブログは場所を借りてるんようなもんだもんな。」
「そういうことだ。」


あっはっは!


「どうした熊さん。いきなり笑いだして。」
「いやあ、八っつあん、申し訳ない。」
「なんで謝る?」
「八っつあんに意地悪しちまったよ。」
「どういうことだ?」
「知ってんだよ、URLって何かを。」
「何だよ、熊さん。知ってて質問したっていうのか?」
「ちょっと八っつあんをからかってみたかったんだよ。」
「なんだと!」
「そんなに怒るなって。謝ってんだから。」
「わかった、許してやる。そのかわりといっちゃなんだが・・・」
「なんだが?」
「URLってなんだ?」
「URLってぇのは、まあ、ものすごく簡単にいうと、住所みたいなもんだ。」
「ほう、住所。」
「インターネットの世界で、八っつあんのブログのある場所ってことだな。」
「そうか、ブログとして間借りしてる場所のことか。」
「ま、そういうことだ。」
「じゃ、 「URでエール ♪ 」は当らずとも遠からずじゃねぇか。」
「いやいや、当たらずだしはるか遠くだし。」
「そんなもんかね。で、ついでに聞くが、HTTPってのは何だ?」
「ハワイ&環太平洋自由貿易協定。」
「なわけなかろうよ。 なあ、教えてくれよ。HTTPって何だ?」
「八っつあんのブログの場所に行くための方法ってことだ。」
「方法?」
「たとえばよ、どっかの知らねぇ誰かが、八っつあんの住んでる長屋がどこにあるか、ってどうやって調べるよ。」
「人に聞いたり、地図調べたり、町名表示みたりするわな。」
「だろ? それと同じ。いろんな方法の中からHTTPっていう方法を使って調べて行きなさいよ、ってコンピューターに指示してるわけだ。」
「なるほどねぇ。ありがとさん。 HTTPってのはだいたいわかった。 ただなぁ・・・」
「どうしたよ? 鉄の塊みてえな顔してよ。」
「なんだ? 鉄の塊みてえな顔ってのは。」
「浮かない顔ってことだよ。 まだなんかわからねぇのか?」
「まあな。なんでその方法、HTTPにだな、Sをつけなきゃならねぇんだ? いったい何のSなんだ?」
「・・・いやあ、それはつまりその~、まあ・・・」
「なんだ、さすがの熊さんも、そこまでは知らねぇか。」
「何いってやがる。知ってるに決まってんだろ!」
「じゃ改めて聞くけど、Sってなんだ?」
「エス・・・、エスねぇ・・・」
「なんだ、やっぱり知らねぇんじゃねぇか。」
「「すばしっこい」のSだ!」
「なんで唐突に「すばしっこい」なんだよ!」
「じゃ、「すっぱい」のSだ!」
「じゃ、ってなんだ、じゃって。」
「「素っ頓狂」の・・・」
「もういい。ご隠居に聞いてくる。」


あっはっは!


「なんでい熊さん、また大笑いして。」
「ほんと、八っつあんは、からかい甲斐があるな。」
「・・・お? じゃ、何かい? 熊さんは、ホントはS、知ってんのか?」
「当り前田のクラッカーよ。」
「ちくしょー! 一度ならぬ二度までも!!」
「まあ、そんなに怒るなって。Sの意味を教えてやるから。」
「・・・わかった。許してやる。許してやるから教えろ。」
「ありがとよ。 いいか、1回しか言わねえぞ。」 
「ああ。 耳の穴、かっぽじった。」
「よく聞いとけよ。」
「早くしろ! 焦らすな!」
「シュッポシュッポシュッポッポ ♪ のSだ。」

「・・・なんだ、あってたじゃねえか。」






熊さん・八っつあんと同じように、
私もこういうのに疎くてですね、
なんだかよくわからないまま、
パタパタ右往左往してるのですが、
とりあえずイロハのイということで、
11月18日より拙ブログを
シュッポシュッポシュッポッポしてみました。

また、HTTPSのブログに
HTTPのコンテンツが混在していると
HTTPのコンテンツがブロックされてしまう???
ということらしいので、
それが一体どういう状態だとどうなるのか、
何をどうしていいものかもよくわかっていないのですが、
とりあえず11月30日をもって、はなはだ勝手ながら
リンクさせていただいている全部のブログのリンクを
いったん解消させていただくことにしました。
(全く関係ない処置かもしれませんけど・・・)
どうかお許しいただければと存じます。


決して、決して、決して皆様のブログが
嫌になったわけではございませんから!


( ↑ ここ、すごく大事なとこ)


経過を見て特段これまでと変わりなかったり、
なんとなくほとぼりが冷めたら徐々にまた・・・
よろしくお願いいたしますね。


しかしねぇ。

他人様が一生懸命書いたブログを
一方的に勝手にブロックするだなんて
しゃれにもならないですよねぇ。

ブログをブロック・・・

って、まだ言うか。(苦笑)







プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.