FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2019.11.29

S (エス)

どうも。

三流亭まん丸でございます。


「ご隠居ぉぉお! た、大変だ、大変だ!!」
「八五郎、そんな慌てて一体どうしたっていうんだい。」
「FC2ブログのお知らせ欄に、【重要】Google Chrome で混合コンテンツがブロックされることが発表されました。 って書いてあったんすよ。」
「それの何が大変なんだい?」
「ブロックされちゃうんでよ、ブログが! ブログがブロック!」
「つまらんダジャレを申しなさんな。」
「どうすりゃいんでしょ? 何すれば?」
「まあ、まあ、ひとまず、落ち着きなさい。」
「これが落ち着いていられますかって。10年書き連ねたブログが見れなくなっちまうかもしれないっていうのに。」
「で、その説明には、なんて書いてあったんだい?」
「なんか書いてありました。」
「なんかって・・・。読まなかったのかい?」
「ええ、読みましたよ。・・・平仮名だけをね。」
「それじゃ、何書いてるかわからなかっただろう。」
「ええ、だからここへすっ飛んで来たんすよ。」
「まあ、そういうことなんだろうがね。・・・よし、そのお知らせとやらを私が読んでみようかね。」
「そりゃ有難てえってもんです。」
「・・・ふむふむ。・・・ほうほう。・・・はらほろひれはれ。」
「ご隠居、いかがですか?」
「難解だな。」
「ホークスですね。」
「今どき、わかる人いないようなこと、言うんじゃありませんよ。」
「で、どうでしょう。何をすればよろしいんでしょう。」
「まあ、そう焦らずに。・・・ふむふむ。・・・ほうほう。・・・はらひでこ。」
「あの、ご隠居。」
「なんだい?」
「もしかして、ご隠居でもおわかりにならないんじゃ?」
「何をいっておる。ここに書いてあることくらい、すべて承知しておりますよ。」
「だったら、そろそろ、わかりやすくご説明してほしいんすがね?」
「では、言う通りにしてくださいよ。」
「へい」
「まずは八五郎。お前さんのブログをSSL化しなさい。」
「SSL化?」
「ああ、SSL化だ。」
「シュッポシュッポシュッポッポ ♪ 」
「SLかっ!  ・・・そうではない、SSL化じゃ。」
「どういうことでしょう。」
「HTTPで始まるURLを、HTTPSに変えればよろしい。」
「わかりました。 HTTPで始まるURLをHTTPSに変えればいいんすね。」
「ほんとうにわかったのかい?」
「ええ、10年もブログやってますってぇとなんとなくね・・・。ありがとうございやす。では。」
「これ八! 八! ・・・行ってしまいましたか。 相変わらずせっかちですねぇ。」


「おう、熊さん」
「どうした八っつあん、すっきりした顔して。ションベンでもしてきたか?」
「いきなりションベンとは、品がねぇな。」
「品だけじゃねぇぞ、金もねぇ。」
「じゃ、おれの勝ちだな。おれには学もねぇからな。」
「・・・悲しくなっちまうね、どうも。 で、どうした?」
「学がねぇからよ、今、ご隠居のとこ行って、わからないこと聞いてきた。」
「で、わかったのか?」
「もちのろんよ。」
「さすが、ご隠居、何でも知っていらっしゃるねぇ。 で、何を?」
「ブログをブロックされない方法をね。」
「つまらんシャレ言ってんじゃないよ。で、どうすんの?」
「なんでも、URLってぇのをHTTPからHTTPSに変えればいいらしい。」
「なんだい、そのURLってぇのは。」
「んっ?! URL?!」
「うわっ そういう肝心なところは聞かずじまいかい。 相変わらずそそっかしいねぇ。」
「ち、違うわい! それぐれえ、元から知ってんだよ。」
「じゃ、もう1回聞くけど、URLって何だい?」
「ほれ、あれだよアレ。」
「ほう、あれか。」
「そうよ、あれよ。」
「で、何だい?」
「ほれ、・・・最近、吉岡里帆ちゃんがテレビのコマーシャルでやってるやつだよ。」
「どんべえか?」
「あれ、かわいいな。」
「ああ、ほんと、食べちゃいたいくらいにな。」
「食っちゃえよ、うどんなんだから。・・・って違うよ。ほれ、やってんじゃねぇかよ、「URでエール ♪ 」って。」
「あ~、あっちね。」
「そうよ、あっちよ。」
「ま、確かにいわれてみればブログは場所を借りてるんようなもんだもんな。」
「そういうことだ。」


あっはっは!


「どうした熊さん。いきなり笑いだして。」
「いやあ、八っつあん、申し訳ない。」
「なんで謝る?」
「八っつあんに意地悪しちまったよ。」
「どういうことだ?」
「知ってんだよ、URLって何かを。」
「何だよ、熊さん。知ってて質問したっていうのか?」
「ちょっと八っつあんをからかってみたかったんだよ。」
「なんだと!」
「そんなに怒るなって。謝ってんだから。」
「わかった、許してやる。そのかわりといっちゃなんだが・・・」
「なんだが?」
「URLってなんだ?」
「URLってぇのは、まあ、ものすごく簡単にいうと、住所みたいなもんだ。」
「ほう、住所。」
「インターネットの世界で、八っつあんのブログのある場所ってことだな。」
「そうか、ブログとして間借りしてる場所のことか。」
「ま、そういうことだ。」
「じゃ、 「URでエール ♪ 」は当らずとも遠からずじゃねぇか。」
「いやいや、当たらずだしはるか遠くだし。」
「そんなもんかね。で、ついでに聞くが、HTTPってのは何だ?」
「ハワイ&環太平洋自由貿易協定。」
「なわけなかろうよ。 なあ、教えてくれよ。HTTPって何だ?」
「八っつあんのブログの場所に行くための方法ってことだ。」
「方法?」
「たとえばよ、どっかの知らねぇ誰かが、八っつあんの住んでる長屋がどこにあるか、ってどうやって調べるよ。」
「人に聞いたり、地図調べたり、町名表示みたりするわな。」
「だろ? それと同じ。いろんな方法の中からHTTPっていう方法を使って調べて行きなさいよ、ってコンピューターに指示してるわけだ。」
「なるほどねぇ。ありがとさん。 HTTPってのはだいたいわかった。 ただなぁ・・・」
「どうしたよ? 鉄の塊みてえな顔してよ。」
「なんだ? 鉄の塊みてえな顔ってのは。」
「浮かない顔ってことだよ。 まだなんかわからねぇのか?」
「まあな。なんでその方法、HTTPにだな、Sをつけなきゃならねぇんだ? いったい何のSなんだ?」
「・・・いやあ、それはつまりその~、まあ・・・」
「なんだ、さすがの熊さんも、そこまでは知らねぇか。」
「何いってやがる。知ってるに決まってんだろ!」
「じゃ改めて聞くけど、Sってなんだ?」
「エス・・・、エスねぇ・・・」
「なんだ、やっぱり知らねぇんじゃねぇか。」
「「すばしっこい」のSだ!」
「なんで唐突に「すばしっこい」なんだよ!」
「じゃ、「すっぱい」のSだ!」
「じゃ、ってなんだ、じゃって。」
「「素っ頓狂」の・・・」
「もういい。ご隠居に聞いてくる。」


あっはっは!


「なんでい熊さん、また大笑いして。」
「ほんと、八っつあんは、からかい甲斐があるな。」
「・・・お? じゃ、何かい? 熊さんは、ホントはS、知ってんのか?」
「当り前田のクラッカーよ。」
「ちくしょー! 一度ならぬ二度までも!!」
「まあ、そんなに怒るなって。Sの意味を教えてやるから。」
「・・・わかった。許してやる。許してやるから教えろ。」
「ありがとよ。 いいか、1回しか言わねえぞ。」 
「ああ。 耳の穴、かっぽじった。」
「よく聞いとけよ。」
「早くしろ! 焦らすな!」
「シュッポシュッポシュッポッポ ♪ のSだ。」

「・・・なんだ、あってたじゃねえか。」






熊さん・八っつあんと同じように、
私もこういうのに疎くてですね、
なんだかよくわからないまま、
パタパタ右往左往してるのですが、
とりあえずイロハのイということで、
11月18日より拙ブログを
シュッポシュッポシュッポッポしてみました。

また、HTTPSのブログに
HTTPのコンテンツが混在していると
HTTPのコンテンツがブロックされてしまう???
ということらしいので、
それが一体どういう状態だとどうなるのか、
何をどうしていいものかもよくわかっていないのですが、
とりあえず11月30日をもって、はなはだ勝手ながら
リンクさせていただいている全部のブログのリンクを
いったん解消させていただくことにしました。
(全く関係ない処置かもしれませんけど・・・)
どうかお許しいただければと存じます。


決して、決して、決して皆様のブログが
嫌になったわけではございませんから!


( ↑ ここ、すごく大事なとこ)


経過を見て特段これまでと変わりなかったり、
なんとなくほとぼりが冷めたら徐々にまた・・・
よろしくお願いいたしますね。


しかしねぇ。

他人様が一生懸命書いたブログを
一方的に勝手にブロックするだなんて
しゃれにもならないですよねぇ。

ブログをブロック・・・

って、まだ言うか。(苦笑)







どうも。

三流亭まん丸でございます。


あれは中3の夏のことだったか、
高3の夏のことだったか・・・。

カルピス飲んでて
そのCMが流れてて
何気なく耳にしたそのCMソングに
ハートを射抜かれて。

夢伝説 / スターダストレビュー


そこからなけなしの小遣いで
アルバム・シングルを買いあさり
いつかライブへ行く日を楽しみに・・・

していたはずが。

タイミングが合わなかったり
お金が無かったり
チケットがとれなかったりと
不遇が不遇を呼び、
スタレビファンとしては許され難い、
ライブには1回も行ったことが無いという
「隠れスタレビファン」として
30有余年を過ごすこととなりました。


が、しか~し!


隠そうとしてないんだけど
隠れ続けてしまったそんな私の
30年来の夢がついに叶ったのであります。


スタレビライブツアー「還暦少年」
2019年11月8日 18時30分~
中野サンプラザ




うをおお~!!!
チケット、とったど~!!!!




夢伝説の歌詞ではありませんが

はるか時を超えめぐり合える日まで~ ♪ 

もうね、ほんと感無量。


ライブ前日のあのドキドキは
遠足前日と同じ。

始まる直前はワクワク感が
胸から飛び出しそう。

そして開演ブザー。

そこからはあっという間の3時間半。

還暦を迎えたメンバーが
少年のように自らが楽しんで、
観客の皆さんにも
一緒に心から楽しんでもらいたいと繰り広げる
パワフル&ハイクオリティなステージ。

そして演奏よりも長い根本要さんの
軽妙洒脱な語り口による
爆笑、爆笑、また爆笑のMC。

まさに要さんがそのMCで常々おっしゃっている
「高い音楽性と低い腰」を具現化した、
言い方が悪いですが
冷蔵庫にあったありったけの食材、
ピーマン・ソーセージだけでなくアワビやキャビアまでもを
惜しみなく全部放り込んだ、
お父ちゃんが日曜日に作るようなチャーハンなんですよ。

で、これがとてつもなく抜群に美味しい。

ビーフストロガノフやら舌平目のムニエルといった
決して高貴でとっつきにくいメニューではない、
でも、その具材一つ一つが自己主張しながらも
絶妙なバランスでミックスされた絶品チャーハン。

そんな夢のチャーハンを
3時間半かけてたっぷりいただきましたねぇ。

御馳走様でした。

もう、おなか、いっぱい!



スタレビ、最高だぁ~!! 





以上

三流亭まん丸がレポートいたしました。






えっ?

もっと内容を詳しく?



あの・・・、スターダストレビューですよ?

私の、星1つもつかないクズのような評論なんて
読まなくて結構です。



皆さんも、騙されたと思って
ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

百聞は一見にしかず。

いろんな意味で、騙されちゃいますから。(笑)



         ☆彡








2019.11.22

いい夫婦

どうも。

三流亭まん丸でございます。


本日11月22日は、
数字の語呂合わせで
「いい夫婦」の日なんだそうで。

・・・漠然としてますねぇ。(笑)



これだけ価値観が多様化してる社会でですね、
何をもって「いい夫婦」と定義するんでしょうかねぇ。

イチャイチャ・ラブラブ?

それとも友達みたいな?

はたまた亭主関白?

良き妻は 三歩下がって 指示を出す みたいな?



でね、今の世にふさわしい
いい夫婦であるための条件って何だろな?
って考えたんですよ。


必要以上に深入りせず、
必要な時にはすっと寄り添える、
適当で絶妙な距離感




あっはっは!


私ら夫婦のことか。




・・・えっ?!





お茶を飲むとき 飯食べるとき 
そこのあんたが必需品
信州信濃の新そばよりも
あたしゃあんたのそばがいい
物忘れ 増えて良くなる 夫婦仲
赤い糸 今じゃ互いの 命綱
あんた百までわしゃ九十九まで
共にシラミのたかるまで・・・
じゃない、
共に白髪の生えるまで

そこにいる ただそこにいる それだけで






これからも、愛想つかさず末永く、
どうぞよろしくお願いします。






2019.11.21

安倍政権

どうも。

三流亭まん丸でございます。


今回はカテゴリーでいうところの
「真面目な話」でございます。

おもしろくないですよ。(苦笑)

ま、恒例の安倍さん批判記事ですので
安倍さん支持派の皆さんはパスしていただいて
結構毛だらけ猫灰だらけでございます。


安倍政権、憲政史上最長になったそうですねえ。

・・・7年ですか。

おぎゃあと生まれた赤ちゃんが
小学校2年生になる歳月ですね。

さぞや、じっくり腰を据えて、
いろいろな問題に取り組み
成果をきっちり上げてこられたんでしょうなぁ。

じゃ、何やってきたか
ちょっと振り返ってみますか。



まず安倍政権誕生時の
一丁目一番地の約束から。

衆議院の定数是正をする約束で
政権を奪還したわけですが・・・
これ、いつやりました?



で、アベノミクスという
自分の名を冠した経済政策。
よくもまぁ恥かしげもなく、そんな名を・・・(苦笑)

デフレ脱却、名目3パーセント、
実質2パーセントの経済成長は?
7年かかってもまだ道半ばですか?
それとも新しい判断の段階ですか?

大企業を潤す施策によって
大企業の業績は上がったようですが、、
我々中小零細・庶民のところへ
トリクルダウン、いつくるんですか?



次から次へと掲げた看板政策。

地方創生?
1億総活躍社会?
働き方改革?
全世代型社会保障政策?
女性活躍?
介護離職者ゼロ?
第4次産業革命?
人づくり革命?
教育改革?

掛け声だけで中身を伴わないなら
それは看板政策とはいいません。
看板製作というのです。(苦笑)



喫緊の課題とおっしゃってました様々な問題。

今に始まったことじゃない少子高齢者対策は?
年々悪化している経済格差・貧困の是正は?
年金だけじゃ2000万円足らないんじゃないですか?

史上最長期間、政権を担ってきたんですから
さぞやじっくり取り組むことができたでしょう。
で、何をしていただけましたか?

「関係各省に、迅速に事に当たるよう指示を出した」

指示出すだけなら安倍さんじゃなくてもできますね。(笑)



有効求人倍率が全都道府県で1倍を超えたと
鼻息荒く息巻いていることもありましたが、
これ、団塊世代の一斉退職と
少子高齢化による生産人口年齢の減少が主たる要因で
安倍さんの成果でも何でもないですよねぇ。
たまたまそういう時だっただけ。

またGDPがいっとき30兆円もググっとのびたけど、
これ、統計手法を変更しただけ。

こういうまやかし・操作だけにとどまらず、
政策と辻褄合わせようと
統計そのものを改ざんしたこともありましたね。

そういえば改ざんは
基幹統計だけではありませんでしたね。

そう、公文書も。

官僚に、人事権をちらつかせて、改ざんするよう
直接的か間接的かは知りませんが圧力かけてね。

不都合な証拠になりそうな
名簿・書類は無いとすっとぼけさせ、
あったらあったで隠密裏に破棄させちゃたり。

知らぬ存ぜぬでうまく立ち回れれば昇進!
最悪でも「まあ、悪いようにはしないからって」ってね。

優秀な官僚達の、
青雲の志を歪めさせた責任は重いですぞ。



こんな感じで、政権に不都合な事実を、
あっても無かったことにしてしまうことは日常茶飯事。

で、「問題はないが騒がせてしまった責任はある」という趣旨の、
ことの本質をすり替えた口先だけの反省の弁を繰り返し、
一応そこで責任は私にあると口では言っておきながら
実際は一切責任を取らないという無責任が常態化。

それがある程度たまってくると
その疑惑隠しという私的な思惑のために
「国難突破」などと大仰に騒ぎ立てて解散権を濫用し、
莫大な国費をつぎ込んで無駄な総選挙を打つ。

野党の体たらくによる消極的支持と
小選挙区制の欠陥による与党大勝を
自分への積極的支持だと都合よく解釈し
禊は済んだといわんばかりに、
再び国会に対してやりたい放題。

憲法で、開かにゃいけないと
規定されている条件を満たしたにもかかわらず、
それを無視して国会を開かなかったり、
開いたかと思えばその国会で
ろくな議論も経ずに数に物言わせて、
強行採決のオンパレード。

国会軽視を「ぶれない力強さ」と
勘違いしているんでしょうねぇ。

でもね、国会は国民の代表者の集まりですよ。
一人の議員の意見は10万人の有権者の意見。
それを軽視する、いや無視するってことは
それはすなわち国民をバカにしてるのと同じこと。

つまり、ま、選挙の時だけ
表面では必死さを装って「国民の皆さまのために」、
裏では舌ベロっと出してるってことが
明々白々なわけですねぇ。


ま、こういうモラルハザードの欠落っていうんですかね、
ルール無視の専横ぶりが蔓延し、
その状態が当たり前になってしまっていて、
しかもこれに対して何のお咎めもないんでしょ。

そんなの7年間も見せつけられたら
世の中一生懸命真面目に生きてんのが
馬鹿らしくなっちゃうわけですよ。

「あんなことやっても大丈夫なら、何やっても関係ねぇや」
っていう、今のグズグズの無責任社会を蔓延らせている
一つの要因になっちゃってるんでしょうねぇ。



話しを戻しましょう。

じゃ、自称・お得意の外交は?

アメリカとは
良好かつ強固な同盟関係を維持しているとアピールするも、
実際には同盟とはとても言いがたい、
トランプ接待攻勢で常にご機嫌伺いに終始する、
いいなり、顔色伺い、太鼓持ちの幇間外交・・・
いや、スネ夫外交。

北朝鮮による拉致問題。
政権発足時から最重要課題と位置づけ
「絶対に解決する」と威勢のいい事言い続け、
青い印を胸につけてそのカッコだけはしてますけど、
7年間一歩たりとも進んでないのは紛れもない事実。
金正恩と会うこと、話すことすらできていないだけでなく、
親分アメリカに「何とかしてよ」と頼むしか未だに術がない。
拉致被害者のご家族じゃなくたって
「何やってたのさ、7年間も」、って言いたくなりますよね。
で、ミサイル撃たれれば、オウムのように
「国連安保委決議に違反する。厳重に抗議する。」でしょ。
もう聞き飽きましたよ、このセリフ。

韓国とは、ほぼ文政権が諸悪の原因ですけど
それでも関係悪化どころか
史上最悪な状態になっちゃって。
対中・対ロ・対北への安全保障の要、
日米韓の同盟関係も風前の灯火に。
対馬海峡が38度線になるかもしれないって、
そんな外交、理由はどうあれ、失敗ですわ。

そのロシアとの北方領土返還交渉は、
したたかなプーチンにいいように弄ばれて、
経済協力させられるだけさせられて
四島どころか一島返還も絶望的に。
何もしなかったほうが良かったという
完全な外交的敗北を喫したわけですね。

中国との改善の兆しも、
これも米中対立により
米国陣営に揺さぶりをかけようとする
中国からの思惑がその要因であって、
安倍さんからの働きかけの成果ではない。

外遊数歴代No1だそうですが、
訪問国に対して「経済援助」という名のバラマキ外交と
従来通りの国家間の共通認識を「確認した」ばかりで
新たな成果は何一つなし。

世界を俯瞰する外交なんていって
何かっていうと外遊するわりには現状維持・・・
いや、むしろ悪くなったことの方が多いんじゃね?(唖然)



じゃあ、やったことといえば?

日本が直接的にかかわりのない
他国・他地域の戦闘に実質参加できるようにした。

政権に都合悪いことを隠せる特定秘密保護法。

難癖付けて政権に都合の悪い者をしょっ引ける共謀罪。

国有財産・公共財を海外民間に売りわたす水道法・森林法等。

実質的な移民受け入れ。

   :
   :

で、消費税増税。


「やってくれてよかった!」と思えるような施策が
何一つ思い浮かばない。(苦笑)


で、任期の仕上げに
国家のあり方を定めた我々の憲法を
自分のお気に召すままの形に
変えてしまおうっていうんだから・・・




いやぁ、こうして冷静にふりかえると
7年間も政権を担当しておきながら

やってる風を装い実は何もしていない、
いや、ひっかきまわしてむしろ悪化させている政権


なんじゃないかな、と思ったわけですよ。


「安倍さんじゃなきゃ、だめだ」

じゃなくてむしろ

「安倍さんじゃ、だめだ」

って、確信しましたよ。



安倍さんはよく、たった3年間の民主党政権を
「悪夢のような民主党政権」とおっしゃいますが、
この憲政史上最長7年間の安倍政権が後の世から

「史上最長最悪の悪夢のような安倍政権」

といわれる気がしてならないと思ってるのは
私だけでしょうかねぇ。






・・・と思ってない方も多数いらっしゃいます。

安倍さんを絶賛し、その政策を強力に
支持されている方もいらっしゃいます。

言論・思想の自由は
憲法に保障されておりますので、
それはそれでいいと思います。

どちらの見解が正しいとか、間違ってるとか、
論争するつもりも毛頭もありません。
頭髪、少ないので・・・(苦笑)

ただ、ただ、私が、

安倍さんの7年間を全く評価しない

というだけのことでございます。




・・・長々とすいませんでした。

何事もちょいと足らないくらいが
ちょうどいいってもんです。

長いだけっていうもんは
いいことなんて何一つ
ありませんからねぇ。







2019.11.16

〇〇見る会

どうも

三流亭まん丸でございます。


桜を見る会、来春は中止だそうですね。

もともと、多大な功績がある人や長年の功労者なんかが
呼ばれるらしいんですが、
今じゃ政治家の後援会やら選挙区民だったら、
一般の人たちでも簡単に呼ばれるらしいですよ。

今年なんか、5m歩くたびに
山口県人に出くわしたらしい。(笑)


ま、他人の金でお花見できるって言われたら
「行こっかな?」って人、多そうですけど、
あたしはまっぴらごめんですね。

スーツ着て花見なんて堅っ苦しくていやだ、
っていうのもあるんですけど、
あたしみたいなどこにでもいる
ただのハゲデブオヤジがですよ、
ああいう栄えある席に呼ばれるってことに、
「はは~ん、こりゃなんか魂胆があるな」
って思っちまうんですわ。

・・・魂胆ってほど裏読みの必要はありませんな。

営業さんが取引先を接待して仕事とるようなもんで、
「招待してやったんだから次の選挙も私に入れろよな」
ってな意図が明明白白でございます。

これ、営業さんは許されても、
政治家さんは公選法違反の行為。

「何人も後援団体の総会その他の集会又は後援団体が行う見学、旅行その他の行事において選挙区内にある者に対し、饗応接待をし、又は金銭若しくは記念品その他の物品を供与してはならない」
(公職選挙法199条の5の2)

ね、こうせんほうがよいとちゃう?

あたしはね、こういうの大っ嫌いなんで、
もし桜を見る会に呼ばれても行かない・・・
いや、行くけど票は入れないですよ。(笑)



ま、国費で賄われる公的行事をですな、
私的に利用するセンセイ方のモラルというか倫理観も
もう救いようがないほど地に落ちてますけど、
そのセンセイの選挙区に住んでるからというだけで
あたしと同じような普通のオヤジがですよ、
その場に呼ばれることに何の違和感を覚えず、
ノコノコ出向いて喜々として参加しちゃってるっていうのは、
どうにもこうにも情けない。

センセイ方の悪だくみの片棒を担いでるってことに
気づかないんでしょうかねぇ。

こういうことをなあなあにしてしまう有権者のいい加減さが
センセイ方のゆるみ・たるみを増長させている一因、
もっといえば日本の政治がいつまでたっても三流である
原因なんすからねぇ。

オヤジたちの、有権者としての自覚の劣化も
嘆かわしいもんですわ。



さて。

桜を見る会は、
結構お金がかかってるんですな。
2018年度は5200万円、
2019年度は5500万円
だそうですよ。

あたしの今年の花見なんか、
夜桜の桜並木プラプラッと歩いてですね、
道脇に出てる屋台のビールと焼き鳥つまんで
しめて・・・

1200円 (苦笑)


5000万円の花見なんて、
何をどうしてるのか
まったく見当がつかないわけですよ。

乾杯はドンペリ、ロマネ・コンティをラッパ飲みして
ガストロノミー ジョエル・ロブションのケータリング・・・

まだまだ?

ならば、ブルーシート代わりに「ペルシア絨毯」を敷いて・・・

まだまだ?

じゃあ、西川の高級羽毛布団を毛布代わりに!

まだまだ?

よし、スペシャルゲスト・三流亭まん丸を招いて
一夜限りの特別寄席を!


・・・サクラかき集めても、会場すっかすか。(苦笑)



まあね、税金から5000万円を使ってですよ、
限られたごく一部の人しか楽しむことができないのは
なんとも不公平だと思いますがね。

あたしだったらですよ、
桜を見る会を中止にしたその浮いた5000万円で
桜の苗木(相場2500円)を2万本購入して
全国に配っちゃいますね。

一都道府県あたり毎年400本、
10年続けりゃ4000本、20年で8000本ですよ。

毎年新しい桜の苗木が植樹され、
その横で桜の若木がすくすく育ち
その横で成長した桜が花を咲き誇らせている。

日本国民みんなが咲き誇る桜を夢見ながら育て、
日本国民みんながあたり一面に咲き誇る桜を楽しむ。

日本国民みんなが喜び、夢を見、楽しめる。


どうしても「桜」に税金を使いたいっていうんなら、
こういう風に使わなきゃ。



ま、もっとも、
桜に使う事が目的じゃなくて
誰かを何かに招待したいっていう趣旨で
どうしても「〇〇見る会」を開きたいというのなら、
誰もがどこでもできる花見じゃなくて、
滅多に見ることができないものを見る、
そういうのにご招待したらいかがかな?
って思うんですよ。

そうですな、たとえば・・・

「政府専用機を見る会」とか。

国家機密扱いですからねぇ。
誰を呼ぶのか、誰なら呼べるかを
慎重に人選するでしょう。

後援会に入ってたって
あたしのようなハゲデブエロオヤジなんぞ
呼ばれもしない。(笑)

で、後に機密漏洩かなんか起こった時にゃ
犯人特定しなきゃならないんだから
その時の出席者名簿を1ヶ月で廃棄なんてことは
絶対にありえない。(笑)



もうちょっと砕けた感じなら
「ゴルフ外交を見る会」とか。

安倍さんとトランプさんのゴルフを、
大会の観客みたいにですね、
ゾロゾロ一緒に回るっていうの。

日本外交の最前線かつ最高機密でありますから、
それはそれで何話してんのか、気になりません?


・・・え?


渋野日向子選手とか香妻琴乃選手とか
藤田光里選手とかアン・シネ選手とか
(あ、違うシネ騒動の笠りつ子選手は今回は除外ね)、
そういう美人女子プロゴルファーのプレイならともかく、
安倍さんのトランプご機嫌とりのための
ヘッポコ接待ゴルフなんぞ


誰が見るかい!




・・・ごもっとも。







プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.