FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

三流亭まん丸でございます。


文部科学省が
スマホの学校内持ち込みを解禁する検討を
始めたそうですよ。

子供(小中学生)のスマホ所持につきましては
様々なご意見があることは存じておりますし
その意見を否定したり批判したりするつもりは
毛頭ありませんし、そもそも頭に毛はありませんが、
私は個人的には、子供がスマホを持つことには
ずっと前から反対でしたので、
この動きは由々しき問題だと思っております。

あ、繰り返しますが、
違う考えの方と議論を戦わせようとか
異なる意見を論破しようという気は毛頭ありませんし、
そもそも頭に毛はありませんので、
コメント欄で「ばかやろう!」「ふざけんな!」
「たわけたこといってんな!」「ひっこんでろ!」
と反論されたら、
ただただしょぼくれるだけでありますこと、
最初に書き記しておきます。



さて、では。

なぜ、子供のスマホ所持に反対なのか?

その理由は単純明快。


スマホは便利で面白すぎるから。


いつでもどこでもゲームはできるし、
好きな音楽聴けるし、写真や動画は撮れるし、
エロ動画は見ることできるし、
なんでもすぐ調べられるし、
不特定多数と同時に簡単に、
しかも匿名でコミュニケーション取れるし。

それが個人所有でしかもロックかけちゃえば
誰にも邪魔や干渉されずに
自由気ままに好き放題に何でもできるんでしょ。
自分専用の四次元ポケットみたいなもんですよ。

こんな超魅力的で超便利で超面白い、
何でもできる超ハイスペックな「おもちゃ」、
この世のどこを見渡しても他にありません。

こんなに便利で刺激的で面白いもの持ってたら、
面白くない勉強なんて絶対にするはずがないでしょ。
もう、「止められない止まらないカッパえびせん」
になっちゃうのは必至。



スマホは悪いものじゃない。
禁止するのではなく、
大人が子供と使用について話し合って
それぞれルールを作って守らせて
使わせればいい。
 



というご意見もあります。
そのご意見も一理あるとは思いますが、
でも、あまり現実的でないのかなと思います。
言葉を悪く言うとすれば
「ちゃんちゃらおかしくて、ヘソで茶が沸くどころか
まんぷくラーメン茹でられますよ」って感じです。
私は武士の娘の息子ですから。

そもそも子供に「ルールを守れ」と諭す大人がですよ、
歩く時、走る時、電車に乗る時、車に乗る時、
自転車乗る時、寝る時、飯食う時、風呂に入る時、
デートする時、井戸端会議の時、クソする時・・・
ありとあらゆる時に片時もスマホを手放すことなく、
サルがラッキョ剥いてるがごとく、
夢中になっていじくり倒しているというのに、
そんな自分達の振る舞いを棚に上げておいて
子供だけにルールを守れって
そりゃちょっとムシが良すぎやしませんか?
って思うんですよ。

大人にとって面白いものは
子供にとっても超面白いものなんです。

まだオギャーと生まれて15年、
パンパースが外れて12年、
ひらがなが読み書きできるようになって9年、
掛け算九九が暗唱できるようになって7年、
「ハワユ?」「ファインサンキュ、アンデュ?」から2年、
たったそれしか人生を歩んでいない子供が、
大人でもなかなかコントロールできないスマホの使用を、
「決められたルール守るぞ」と自らの意思で、
自分の欲求を押さえ込んで
自らの行動をコントロールできるわけがないでしょ。

思想信条・価値観が違う不特定多数の人々が
一つのコミュニティで共存していくための方法を
まさに学んでいる最中であり、
社会とは、道徳とは、規範とは、マナーとは、
公とは、私とは、多様性とは、個とは、
責任とは、自由とは、権利とは、義務とは・・・
それらが一体何たるかを学んでいる途中の
まだまだ未熟な子供達なんですよ。

そんな子供達に
これだけ刺激的で面白いものを買い与えたら、
とびついて、善し悪しの判断なぞする以前に、
本来身につけなければならない「学び」そっちのけで、
欲求を満たしたいという本能にしたがって
そればっかりやり続けるようになるのは
アタリマエだのクラッカー。

目の前に面白いものがあったら
欲求に負けて後先考えずにやってしまう。
それが子供、ゆえに子供なんです。

自分を抑えコントロールする術を
まだ身につけてない以上
ルールなんて平気で破るんですよ。

だからね、大人が買い与えておきながら
決めたルールを守って使用しなさいっていうのは、
子供の立場からいえば
「そんなの、無理。できるわけないじゃん」の
無理無謀で無茶苦茶ハードルの高い話しなわけです。


「スマホを使わせることでルールやマナーを学ばせ、
自分の欲求をコントロールするやり方を身につけさせる」
というご意見もありますが、そういう方には
「では買い与えた以上、どんな問題が起こっても
買い与えた大人のあなたが全責任を負ってくださいね」
と言いたいですねぇ。

買い与えた以上、使う子供ではなく
買い与えた大人がしっかり責任をとらないと。

買い与えた大人がとるべき責任、それはつまり、
未熟な子供は欲求に負けるのが必然なんだから
子供が起床してから寝るまでの間、
きちんとルール通りにスマホ使用しているかを常に監視し、
おかしな点をみつけたらその都度、その場で
きっちり指導する体制を整えた上で、
子供に使わせなさいってこと。
そこまでのことを自らの責任できっちりできる方でしたら
どうぞスマホを子供に使わせてください。

ところがですよ、実際はそこまでできないでしょう。

買い与えておきながら、
「信用している」という便利で都合のいい言い回しで
四六時中監視できない自分の逃げ道をつくっておいて、
いざ問題がおこったら「なんでルールを破ったのよ」と、
使用する子供にその原因を転嫁する大人の
なんと多いことか・・・。

こんなの大人の無責任以外の何物でもない。
まだ未熟な子供に対して「信用してる」っていうのは
大人が自分の無責任さを正当化するための
言い訳にすぎないですよ。

3日間何も食べてないところに
作りたてのカレーライスを目の前に出されて
「私はここからいなくなるけど一口しか食べたらダメよ、
もし全部食べたらしばらくカレーライスは
食べさせませんからね」って言われてですよ、
そのカレーライスを自制心働かせて
一口しか食べない子供っているんですか?
武士の娘の息子だって無理に決まってる。

子供には、まだ自分の欲求をコントロールする
理性なんか備わっていないですし、
なぜそのルールが必要なのかを理解するための
経験の蓄積がまだないんですよ。
それを今まさに学んでいる真っ最中、
だから「子供」なんです。

ゆえに、そんな未成熟な子供に、
とても便利ではあるけれど
使い方をちょっとでも誤れば
人格否定の総攻撃をうけたり、
命まで脅かされるような大問題も起こるかもしれないような
危険な要素もはらんでいる高額な「おもちゃ」を買い与えて、
ある種の放し飼いにすることなんて、
少なくとも私には到底考えられないことですよ。

実際には四六時中監視し指導できるわけない以上、
未熟な子供に対して大人が責任ある行動をとれないならば、
子供にスマホを買い与えるべきではないんです。

ルールやマナーを学ばせる方法は
スマホじゃなくたっていくらだってありますよ。
緊急時の連絡というのならば
GPS機能のついたメールができるガラケーで十分。

子供が成長し、人並みの知識と社会常識を身につけ
自分の名前を契約者欄に自筆で書けるようになり
自分の稼ぎで料金を支払えるようになったら
自分の意思で携帯ショップへ行き
自分の金でスマホを購入すればいいんですよ。
右も左もまだわからないような子供に
親がわざわざ買い与えるようなモノじゃないんですよ、
スマホは。


「子供がスマホを持ってないと仲間外れにされて
逆にいじめの対象にされる。」というご意見には
「持ってたって、ある瞬間から突然仲間外れにされて
いじめの標的にされることがあるんでしょ。」
って思うんですよ。

持ってたって持たなくたってリスクは同じじゃないですか。

また、スマホを持つことで、
変な同調主義というかシガラミみたいなもので、
成長期の子供達がゆがんでしまうのではないか
って思うんですよね。

大人に比べ
コミニュティ(人間関係・行動範囲)が狭い子供たちにとって
「スマホの世界=この世界のすべて」になりかねない。
それはすなわちスマホの世界における人間関係が
すべてになりかねないってことじゃないですか。

社会でこれから70年生きる以上
スマホにおける人間関係以上に必要となるのは
生身の人間との関係、
生身の人との接し方(距離の取り方)ですよ。
その基礎の基を学んでいかねばならないのが
小中学生の時期だと思うんですよねぇ。

あいつ、口ではああ言ってるけど
本心はどうやら違いそうだ。
馬の合わないあいつと
どう関わっていくのが良いんだろう。
目上、目下の人々には
どういう対応を取ればいいのか。
高齢者の方には? 
障害をお持ちの方に対しては?
親には? 
仲の良い友達には?
好きな女の子には?

相手と同じ空間に同時に存在し、
その場の空気というか感覚みたいのものを
一緒に直接肌で感じるということを経験し、
加えてそれを蓄積していかなければ
たとえ知識として知っていても、
絶対に身につかないわけで。

それを学んでおかなければならない小中学生には、
スマホというアイテムは、
便利であるのは重々承知しておりますが、
生身の人間の関わり合いすることなしに
そこに書かれている表面上の
薄っぺらい文面だけでやりとりできることが
あまりに便利すぎて、自分に都合よすぎるために
生身の人間とのコミュニケーション方法を学ぶ
阻害要因になりかねないと思うんですよね。

スマホは、「子供(小中学生)にとっては」
百害あって一利ないものかもしれないって
思うんですよ。



なんでもかんでも規制すればいいとは思いませんが
なんでもかんでも規制撤廃というのも相当おかしい。
段階や程度によって緩和すべき規制があるのなら
段階や程度によってすべき規制は間違いなくあると思います。
フランスやスウェーデンなんかは禁止や規制してますしね。



たしかにスマホは悪いもんじゃない。
でもスマホは便利で面白いんです。
便利すぎるし、面白すぎるんです。
だから大人でさえ、我を忘れてのめりこむ。
未熟な子供だったら、言わずもがなでしょ。


だから


子供にスマホを持たすべきではない。
だって面白すぎるんだもん。





これが私が子供のスマホ所持に
反対する理由であり、
なんと私が
「スマホを持たせてもらえない理由」
でもあるのです。




・・・あ、冒頭に書きましたが、
議論するつもりは毛頭ありませんし、
そもそも頭に毛はありません。

ね、だからケンカはよしましょ。
相手はまだ子供みたいなもんなんですから。(笑)











ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




コメント

ごもっとも‼

まぁ、並べましたねぇ。
いちいち、ごもっとものオンパレード。
文部科学省に投書をお願いします。
説得力に満ちてますし……(^_^ ;)

2019.02.23  風子  編集

風子さん、コメントありがとうございます。

長々と書きましたが、要約すると、
「成長過程の子供にはスマホの面白さは
もはや有害レベルなのでR15指定にしろ」
ってことです。

・・・2行ですむところ、
長々つき合わせてしまい
申し訳ありませんでしたね。(笑)

2019.02.23  三流亭まん丸  編集

スマホの弊害 書き出したら収まりません。活字離れも深刻です。書かれている様に スマホは子供にとって魅力あるサイコーのおもちゃです。いくらルール守れと言ったって24時間監視できるわけありません。お役人の頭脳だけで どんなルール作るのか、どうチェックするのか?儲けているスマホ会社は、利益の元、政府が後押ししてくれれば万々歳でしょう。政府が携帯 スマホの後押しして おかしいでしょう。票田に見ているのですかネ。
若い時は 本 名作を読むべし。日本語の崩壊も気になります。
子供に限らずネットでの出会い、初めて会った日に殺された事件ありましたが、ネット社会の罠です。殺された方は本当に気の毒と思いますが、本人の自覚が・・・と思います。ラブレターが懐かしい・・・。

2019.02.25  kitchenplaza  編集

kitchenplazaさん、コメントありがとうございます。

スマホは確かに便利で面白いですけど、
仰る通り子供にとっては
魅力的で好奇心くすぐられる
「おもちゃ」にすぎません。

昔、誕生日プレゼントのときだって
〇万円のおもちゃなんて、
そう易々と買い与えてないわけで、
なぜスマホならOKなのか、
よくわからないですよね。

年相応という言葉がありますが、
便利さと危険が表裏一体で存在するスマホを、
表裏一体であることを十分認識した上で
使うようにになるまでは
子供には使わせるべきではないと思います。
でないと、スマホを使うのではなく、
スマホに使われるような状況になるのは必然だと思いますねぇ。

ま、有害図書や成人映画とはいいませんが、
スマホも年相応、R15指定くらいにしても
よろしいのではないかな?と思いますねぇ。




2019.02.25  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.