FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2020.02.24

としまえん



としまえん




どうも
三流亭まん丸でございます。


練馬にある遊園地「としまえん」が
2023年までに閉園するらしいとのこと。

いやあ、ショックですねぇ。

初デート(中学の時)の思い出の場所だし、
梅雨時のあじさい、夏のプールや花火、
絶叫マシーンにも何度も乗りに行きました。

子ども達が生まれてからは、
もちろん遊園地も利用しましたけど
敷地内の「トイザらス」でおもちゃ買ってね。

最近は遊園地こそ入園しなくなりましたけど、
映画は「ユナイテッドシネマ・としまえん」が
それが出来てからずっと我が家の御用達だし、
「としまえん庭の湯」(天然温泉施設)は
月1回は必ず訪れ、癒されているわけですね。

それらが無くなってしまうって、
本当に寂しい限りですねぇ。


跡地には東京都の防災公園と
ハリーポッターのテーマパークが
できるなんていう話も。

防災公園はいいにしても
跡地にハリーポッターはちょっとねぇ
って思っちゃうんですよねぇ。
いくら人気の小説シリーズ、
大ヒット映画シリーズとはいえ
やはりそこは一過性のモノでしょ。
「ハリポタ? それ、美味しいの?」
って聞いちゃうような私のような人たちは、
まず行かないんじゃないかなって思うんですよ。
そもそもハリポタはUFJにあるし・・・。

やっぱりね、
もし新施設のターゲットを絞るにしても
そのタ-ゲットは流行り廃りのある
アニメやキャラクターのファンではない方が
いいと思うんですよねぇ。


で、考えてみましたよ。
誰を、どういう方々を、
ターゲットにしたらよいのか。

これから少子高齢化が一層進みますよね。
ならば、高齢者の皆さんの為のワンダーランド、
総合複合新施設がよろしいのではないかと。


まず、園内にいたるところに
モスキート高周波を流し、
若者たちが近づかないようにします。

20haの広大な敷地を草木で埋め尽くします。
春は桜や花々、夏は涼しい木陰、秋は紅葉。
小鳥のさえずりと愛らしい小動物たちとの触れ合い。
その草木の合間合間にいくつかの広場を作り
それらを結ぶ平坦な森林緑道を整備いたします。
もちろん足に負担がかからないように
アスファルトではなくウッドチップ敷設です。
足の悪い方用に動く歩道、そして電動カート、
園内巡回電気小型自動運転バスの運行も。

道の傍らや広場にはすぐに休憩できるように
東屋やベンチ、イスがいたるところに。

飲食店は「茶屋」という名称で統一し、
みたらし団子、大福、わらび餅、どら焼き、
和菓子メニューに、緑茶、麦茶、抹茶など
胃に優しい飲食物を提供します。
駄菓子屋や軽食、それ以外の飲み物は
「雑貨店」と称した「コンビニ」でどうぞ。

園中央には高齢者専門の総合病院を。
病院横には特別養護高齢者ホームと
デイサービスセンターがあり、
総合病院と連携を図りながら
高齢者のサポートを行います。

そして半径100m以内ごとに
救護所、診療所のいずれかを1カ所設け、
そこには看護師有資格者が常駐。

トイレはすべてバリアフリー。
ゆったり目のブースに手すり、
洗浄便座、冷暖房設備も完備。
手洗水栓からは給湯もでます。
緊急呼出ボタンが各ブース内にあるだけでなく
入口に設置した人感センサーで
入場してから20分以上がたっても
トイレ利用者が出てこない場合は、
先ほどの救護所の看護師が
すぐにかけつけます。

・・・ここまでやってもダメな場合に備えて
火葬場とセレモニーホールも
実は園のはずれの方にあるんですよ。

で、元気な高齢者の方には文化センター。
そこでは毎日のように
絵手紙、詩吟、浪曲、囲碁、将棋、カラオケ、
そば打ち、料理教室、絵画、写経、書道・・・
様々な趣味講座が開講されています。

さらに充実した施設を整備。

既存「庭の湯」の施設を拡充し、
子供や家族連れは立ち入り厳禁の
宿泊も可能な天然温泉施設「シワの湯」に。

「トイザらス」は高齢者向け品揃えに特化した
「老いザらス」へ。

「ユナイテッドシネマ」は、
片岡千恵蔵・中村錦之助・大川橋蔵らの
往年のチャンバラ時代劇と、
風と共に去りぬ、ローマの休日ら
往年の名作洋画ばかりを上映する
「どないなってんのシネマ」に。

石神井川をせせらぎ風に改修し
川釣りができるエリアに整備。
もちろん異性を釣っても結構です。

森に包まれた野外音楽堂では
飛び入りOKののど自慢大会が。
「惚れ惚れするよな、ノド仏ねぇ」

縁側でひなたぼっこしながら
お茶を飲める移築古民家も。
一人の方には、もちろん
お茶飲み相手抹茶ングサービスも。

運動好きの皆様のために
散歩コースをはじめゲートボール場、
ミニゴルフコース、ジョギングコース、
テニスコート、ラグビー場・・・
ラグビー場??

もちろんただの原っぱもありますよ。
のんびり草の上にゴロ寝できます。
ある原っぱにはペットを連れた
高齢者の皆様が集い犬自慢、猫自慢、
そして病気自慢を。

そのほかにも陶芸村、盆栽村・・・
どんな高齢者の方でも気兼ねなく足を運べ
ゆっくりのんびり楽しめる
癒しと憩いのパラダイス。

その名は


年増園





ま、いろいろ書きましたけど、本当はね、
なんだかんだと豪華な施設を整備するよりも
20haのただのだだっ広~い空き地としておくことが
一番贅沢で素敵な跡地利用だと思いますけどねぇ (笑)






コメント

何もせず広大な空き地にする、出来たら最高ですネ。人工ではない自然 東京では不可能でしょうか。大手企業が利益目的でいろいろ画策するんでしょうネ・・・豊島園は団塊世代にとっては「思い出の里」消えてしまうなんて悲しすぎます。幼少期に父親に連れられてきた思い出。自分の2人の子供との思い出・・・流れるプール、あらためて思い出されます。

2020.02.24  kitchenplaza  編集

ウチの親80超えてますけど、今どきの年寄は、もうちっとセンス若いですよ?ww

2020.02.24  ビリキナータ  編集

ショッカー?

東京巣鴨化計画(笑)

2020.02.25  ポール・ブリッツ  編集

kitchenplazaさん、コメントありがとうございます。

としまえん、私のとっても思い出の地。
無くなってしまうのは本当に残念でなりません。

時代と言ってしまえばそれまでですが、
日本はスクラップ&ビルドしか頭にないようで、
ヨーロッパの街並みのように
昔ながらのものにもう少し畏敬の念を抱き、
新しきものと共存していくという観点を持って、
街づくりをしてもらえると嬉しいなぁ、
と、こういうニュースを聞くたびに
いつも思いますねぇ。


2020.02.25  三流亭まん丸  編集

ビリキナータさん、コメントありがとうございます。

いや、ごもっともな話で・・・(苦笑)
わが母ももうすぐ80ですが、
ゴルフで200ヤードぶっ飛ばしますよ。(笑)

ま、一応この年増園は、
自称年増(高齢者)のためのワンダーランドということで、
ご了承ください。


2020.02.25  三流亭まん丸  編集

ポール・ブリッツさん、コメントありがとうございます。

何もせずとも、東京はすでに巣鴨化しているわけで。(笑)
この「としまえん年増園化計画」は、
時代の必須なのかもしれませんよ。

今度の都知事選、これを公約に掲げた候補者が、
トップ当選しちゃったりして。(笑)


2020.02.25  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.