FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でお読みください。 

2020.03.29

ボツネタ供養



ボツネタ供養





どうも
三流亭まん丸でございます。


すっかり陽気がよろしくなって
ピンクに染まった東京ではございますが
気分的にはなかなか陽気にはなれない
憂鬱な日曜日でございますねぇ。

陽気になれないのは、今朝の寒さや、
雨(みぞれ?)のせいだけじゃございません。

ただでさえ社会全体がコロナウィルスによる
自粛・中止ムードで鬱屈しているところへ、
ダメを押すが如くの
「不要不急の外出自粛すべし」という
お上からの更なるあのお達しがね、
心に重くのしかかってくるんですよねぇ。

はぁ・・・。

大変穿った見方をしますけど、
よくよく考えてみると、
ここまで事態を悪化させてしまった原因は
安倍政権・小池都知事の失政にあるわけですよ。

五輪利権を失わないこと(開催中止)を
感染拡大の防止よりも優先したこと。

国民の健康・命よりも、
東京五輪の方が大事だって判断したこと。

つまりね、

近々「東京五輪をどうするか」という
IOCの決断が下される。

その直前の3連休前に外出自粛要請を出せば
その決定に悪影響を及ぼしかねない。

本来出さなければならないタイミングだが、
外出自粛要請を出すわけにはいかない。

それまでの間に感染者が多少増えても
東京五輪中止が回避されたら直ちに
外出自粛要請を出せばなんとかなるだろう。

たぶん、こういうことだったんだと思うんですよ。

でもね、本当に感染拡大防止を、
国民の健康と命を最優先に考えているなら
東京五輪とは切り離して、
ちょっと気が緩みかかっていた都民に対して
今一度引き締めをするための
外出自粛を要請すべきだった。

だって、昨日の新宿とか渋谷、ガラガラだったでしょ。
正しい情報に基づくきちんとした説明による
外出自粛要請があれば、
日本国民は、その意図をちゃ~んと理解して、
自制した行動がとれるんですよ。

それをしなかったゆえに
陽光満ちて桜ほころぶ好天の3連休に
自粛疲れの欝憤を晴らそうとした人々を
街にどっちゃりと溢れ返らせてしまったわけですよ。

ここ数日の感染者数の急増は、その因果応報。

そして、今後の感染の爆発的拡大は
火を見るより明らか。

「失政」以外の何物でもない。

今頃になって、緊急会見を開いてね、
首都封鎖だの、感染爆発の重要局面だの
衝撃的で強烈な文言使って危機感煽っても、
もう手遅れですよ。

今この瞬間にも、
あの3連休の外出で感染した
まだ発症前の無自覚感染者による
2次、3次、4次・・・の連鎖感染が
着実に確実に広がっているんですから。

これからあと、そう遠くない未来に、
為政者たちが自分たちの利権・理屈を優先し、
然るべき時に然るべき手を打ってこなかった、
真実に対して誠実に対応してこなかったツケが、
一気に回ってきますよ。

しかも為政者たちはその責任を取らず、
そのツケは我々が払わされるんですからねぇ。

このさき、いったい、どうなっちゃうんでしょうか。

はぁ~、まったく、困ったもんだ。



・・・ね、おもいっきり憂鬱になったでしょ。(苦笑)

ま、そんなときはですね、
ぜひ拙ブログをお読みください。

苦笑い、呆れ笑いしながら、
バカだねぇ、アホだねぇ、くだらなさすぎるよ、
そんなマヌケなことあるんかい、
下には下がいるもんだねぇ、
と、ほくそ笑んでいただければ、
少しは鬱積中のストレス解消の
お役立ちになると思いますので。(笑)


てなわけで。

前にもチラッと書いたかと思うんですけど
私、ネタを思いつくと単語や散文で
このブログの「下書き」にメモしておくんですよ。
正確には、メモじゃなくて、殴り書きね。(笑)

そんでね、
それらを小咄にまで膨らませて、
記事としてアップするんですけど、
中にはね、
箸にも棒にも引っかからない、
煮ても焼いても食えない、
何をどうやっても膨らますことができない
しょーもないものもあるわけですよ。

で、今回は、そんなしょーもないネタ、
いわゆるボツネタたちをきっちり供養し、
気分を新たにスッキリと新年度を迎えよう・・・
って、そんな大げさなもんでもないんですけど
でもまぁ、そんな感じで行こっかなと。(笑)

では、早速。


ア―ユー 女子?


そろそろ、行ってみまショッカー!
イーッ!


瀕死の重傷を負った仮面ライダーが
ショッカー軍団に囲まれてしまった。
まさしく「四面ショッカー」


アメリカ中西部・オハイオ州。
この地における朝の挨拶は
「オハイオございます。」


バンドメンバーで一番お金持ちは?
答え、ボーカル(もうかる)


評判の良い学習塾を見学中の母親が先生に
「問題解いてる生徒さんたち、苦しそうですね」
「ええ、苦悶式ですから。」


赤城の山中からでっかい千両箱が発掘された。
箱をあけると、1枚の布切れが・・・
「おお、これぞ徳川 my 雑巾!」


プーチンって、おそロシア


能舞台が公演中止。
諸般の事情に観阿弥・・・


「アルカリ性は赤が青、だっけ?」
リトマス紙の色変化を覚えらない子に。
「酢に交われば赤くなる」


東大寺初拝観のおばちゃん。
「これがナマの大仏かぁ」


意地悪で有名なお隣の婆さんが
珍しく困り果て、
我が家に助けを求めてきた。
「困ったときは、おあいにくさま」


「水島~!! 一緒に日本へ帰ろう!!」
「ファーストクラスでならね」
ビルマのたわごと。


僕の名前はミャン坊
僕の名前はマー坊
二人合わせてミャンマーだ
君と僕とでミャンマーだ~
東南アジアの昔のビルマさ
首都はヤンゴン
アウン・サン・スー・チ~ ♪


確定申告書類作成中。
「世帯主はオレ、扶養家族は・・・」
「不要な家族は、アナタよ。」


「あれも、これも、やっときゃよかった~」
いつも後悔ばかりしている友人に。
「後悔、あとを絶たずだな」


あまりの風の強さに、きょうふうを感じた。


秋の味覚といえばキノコ。
トリュフかと思って食べたらワライダケだった。
ト、ト、トリュフの大爆笑 ♪


大岡越前を彷彿させる
裁判員達の名裁き、感服いたしました。
これぞ、裁判 in 裁判 (裁判の中の裁判)


そのご質問にはお答えいたしかゆします。


能ある鷹は爪を隠す
能ある豚の爪はV(ブイ)
ノンアルだから冷たくない
能年玲奈は今は「のん」


立ち食いソバ屋で。
「おやじ、手抜きソバ、ひとつね」
「手抜き?!」
「冗談だよ、怒りなさんなって」
「怒ってませんよ。たぬき? かけ? どっち?」
「かけ?!」


難読漢字クイズ
「能登 → のと。では能収は?」
「よしかず (蛭子さん)」


昔ながらの手作り靴屋で、師匠と弟子が大喧嘩。
「こんな古臭ぇやり方、もう、流行らねぇんだよ」
「まだまだ修行が足らんようだな・・・」
「なんだと!」
「靴は、いつの世もハイテクもんなんじゃよ。」


栄養たっぷりん、
弾力ぷりんぷりんの・・・
フルーチェ。
「プリンじゃないんかい!」


小学生のなりたい職業ランキング発表。
カケ学園問題が影響したのか、
10位以内に獣医いない。


史上最強の棋士、加藤1239段。


「うわっ、卵が腐ったような臭さだな」
「二酸化硫黄かな」
「え?」
「二酸化硫黄かな」
「は?」
「二酸化硫黄かな」
「なんだって?」
「何回言わせんだよ!」
「2、3回言おうかな」


寒い朝、布団からなかなか出られないのは、
布団がすべき仕事をしっかりしすぎているから。
けっして僕は悪くないんだ。


「ラーメンスープを飲み干すの、やめて」
「ラーメンスープを飲み干すのは身体に悪い。
でも、スープを捨てるのは地球環境に悪い。
どっちも悪なら、俺は地球環境を守る!」


「お前、口が臭いな。」
「臭いのは口じゃなくて、歯な。」
「歯?! なんで。」
「白菜食べたからさ。」


彫刻・ミロのビーナスは時々
「見ろ! 伸びーます」してるらしい。


バスガイドが乗る前に発車してしまった。
これが本当の「バスが移動」。


新規オープンの英会話教室。
入会希望者に事務員が説明中。
「当教室の講師は全員ネガティヴなんですよ。」
「入会するの、なんとなく、やめます。」


老夫婦の会話。
「おじいさん、もう六時ですよ」
「もうろくじじいとはなんだ!」


居酒屋にて。
「ご注文のお品はお揃いでしょうか」
「まだこない真蛸」


世界に一人しかできない技を持つ
日本体操・男子鉄棒のエース・桂一郎君。
その技には彼の名前がついている。
「おっと、ここで、カツラ・・・もう一回カツラ」
「カツラ2連発ですねぇ。」
「さあ、フィニッシュです・・・着地はどうか」
「いけると思いますよ」
「最後も・・・カツラ!」
バン!
「チョットずれましたね」


「ご注文は?」
「あ、スマイル、ひとつね」
「俺もスマイル、もらおうかな。」
「じゃ、僕もスマイル!」
苦笑いのモスバーガー店員だった。


コンドル君が・・・
「めりこんどる」
「覗きこんどる」
「食いこんどる」
「突っ込んどる」
「運んどる」
「めっちゃ混んどる」
「香港ドル」


「夕御飯、なーに?」
「カレーよ!」
「やったー!」
「あら大変、ご飯炊き忘れちゃった!」
「カレーなのにご飯無しは、つライッス」


「そんなベロベロになるまで、何呑んだんだ? 」
「スコッチをスコッチだけ」


容器の中にタピオカ、まだ残ってんだけど。
どうしよっかなぁ。
タピオカ、たぴおっかなぁ。(食べよっかなぁ)


まったく、どいつもこいつも
リーピンツモ・・・


五十歩イャッホー!


女の子の遊びが「ままごと」だったころ
男の子の遊びは「ぱぱごと」だった。
二人のナイショの遊びは「ひめごと」で、
「私とは遊びだったのっ?!」と「もめごと」になった。
わかるかな? ・・・わかんねぇだろうなぁ。


くまの釜山




枯れ木も山の賑わい、ですからね。(苦笑)

ああ、我が愛しきボツネタたちよ、
どうかこれにて成仏しておくれ。

コロナウィルスも道連れにして・・・。





コメント

一挙放出?

∵ゞ(´ε`●) ブハッ!!
よくもまあ、ため込んだもんだす❢
ボツネタの一挙放出……。
国会審議ネタも、かく在りたいものです。
あっ?‥成仏はコロナウィルスだけで……。(^_^ ;)

2020.03.29  風子  編集

風子さん、コメントありがとうございます。

爆笑ネタ蔵出し、一挙大放出!

ならいいんですけどね、
1年間ため込んだ賞味期限切れのボツネタの供養ですので、
こんなもんですよ。(笑)

断捨離した奇麗になった「下書き」に、
またつまらんしょーもないネタを、
ため込んでいくんでしょうねぇ・・・(苦笑)


2020.03.29  三流亭まん丸  編集

まったく

?コメを投稿しましたが、届かなかったようで、再度のLevalloisbeeです。
まったくおっしゃる通り、新型コロナウイルス感染症蔓延は人災です、発生からパンデミックまで。そして日本ではアベシン災ですね。コロナで気も滅入るときにまん丸様の粋なダジャレに励まされます、ありがとうございます。

2020.03.31  Levalloisbee  編集

Levalloisbeeさん、コメントありがとうございます。

コロナ感染拡大と東京五輪を天秤にかけて、
国民の生命・健康より自分のメンツと利権を選んだ、
ってことですからねぇ。

緑のタヌキにしても、嘘つき首相にしても、
これまでのやり方、やり口を見てれば、
どうせそんなことだろうと容易に推測できましたよ。

日本の危機はコロナ蔓延よりも、
この重大な局面のかじ取りを、
友達以外は人とは思わない信頼のおけない嘘つきと、
なんでも自分の力を伸ばすために利用しようとする
欲の塊に委ねなきゃならないことだと思うのは、
私だけでしょうかねぇ。

ま、結局、我が身は我が身で守るしかありません。
お互いにコロナに負けぬよう頑張りましょう。


2020.03.31  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.