FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でお読みください。 



シン・モ〇カケ



どうも
三流亭まん丸でございます。


自粛、自粛でやることやりつくして
もうヒマでヒマでしょうがないんですけど、
あと一息ってとろこまで来たので
も少し頑張ってみましょうか。

・・・頑張って何もしないんですけどね。(笑)



で、時間があるとどうしても
国政に目がいってしまうんですよ。

しっかし、まぁ、ヒドい。 
ヒドすぎますねぇ。
グダグダっぷりが目に余りますよ。

相変わらず答弁が破綻していて、
もはや信用度ゼロの総理のお仲間、
森まさこ法務大臣。

これまでの法解釈を捻じ曲げる閣議決定までして
定年延長したにもかかわらず
麻雀賭博でアッという間に辞職してしまった、
官邸の守護神として余人をもって代えがたかった
黒川弘務・東京高検検事長。

安倍さんに問います。

この2人に対する任命権者としての責任は?

コロナ禍という国難の最中だというのに
無理くりの検察人事・検察庁法改正によって
国政に混迷を生じさせた政治的責任は?

「責任は私にある」



「ある」のは当然でしょ。
誰だってそう思ってますよ。

あのね、
組織のトップに立つ「人間」にとっての責任は
「ある」もんじゃなくて、「とる」もんなんです。

責任をとらずして、反省したフリして
口先だけで「責任はある」って言うだけなら
組織のトップは「おサルの次郎君」でいいんですよ。

なんなら「おサルの次郎君」の方が
安倍さんよりはるかに上手に
人心を揺さぶるような
反省したフリするんだから・・・(苦笑)



これまでの、内閣の恣意的な一連の言動は
民主主義の大原則である三権分立を揺るがしかねず、
また国の法務行政を私的思惑で歪曲させ
国民の法に対する信頼を著しく失墜させたんです。

いつもの口先だけの「フリ」で
なんとなくウヤムヤにしてそのままスルー
ってわけにはいきませんよ。

安倍さん、どう責任を「とる」おつもりですか?


新たな 森・賭け に対してね。






コメント

沈没船内閣

>新たな 森・賭け に対してね。

う、上手い❢ やっぱ天才やぁ。

支持率急落ですし、ここにきて『とどめの新モ〇カケ』ってことでしょうね。
吉村知事の爪の垢でも飲んでもらいたいの心(笑)

2020.05.24  風子  編集

読み逃^^.。謝

おかげで支持率も27%と下がり責任を「とる」ことになりましたねー笑い)☆

2020.05.24  荒野鷹虎  編集

風子さん、コメントありがとうございます。

モリカケ、桜、河井夫妻、そして新モリカケ・・・
「責任は私にある」を連発しながら一切責任を取らない。

ま、結局4月8日の記者会見での
「私が責任を取ればいいというものではありません」発言が、
日本国内閣総理大臣の本心なんでしょう。

情けない・・・。

こんな無責任な方が日本丸のかじ取りをしてても
日本丸が沈まないのは、
乗員乗客である私たち国民がいかに優秀か、
ってことなんでしょうねぇ。(笑)

2020.05.25  三流亭まん丸  編集

荒野鷹虎さん、コメントありがとうございます。

驚きましたよね。

この無責任な公私混同内閣を支持する人が
27パーセントもいるんですからねぇ。

少なくとも私の周辺には誰一人として
安倍政権支持はいませんけどね。
自民支持はいますけど、それでも安倍さんは支持しない
っていう人ばかりですよ。

政治に対して興味を持ち、
自分なりの意見を持つことは大いに結構なこと。
立場や環境が違えば考え方や価値観は違うわけですから、
政治に対して様々な意見や主張があるのは自然なこと。

だから安倍さん支持の方を非難したり、
批判したりするつもりは毛頭ありませんけど、
支持している皆様に
「どこが、どういうところが、どういう施策が支持できるの?」
って一度じっくりご意見を聞いてみたいですねぇ。


2020.05.25  三流亭まん丸  編集

アベソ―リが在任中何度述べたでしょう。「国民の意見を真摯に受け止めます。」「私に責任があります。真摯に反省しお詫びします」まん丸さん言われるように、責任とったことありませんネ。毎度同じことの繰り返し、心の中が見えます。「どうせ時間とともに忘れられる・・・」27% 指示する方の意見聞きたいですネ。ネットで拝見した事ありません。先日会見に臨む総理の後ろ姿 頭髪が寝起き姿のまま ぼさぼさ 目もうつろ。相当こたえていらっしゃるのでは・・お付きの方誰も言わないのかな?見捨てられた?

2020.05.25  kitchenplaza  編集

kitchenplazaさん、コメントありがとうございます。

【真摯】真面目でひたむきなこと

安倍さんは真摯に、
お友達・仲間たちへの利益誘導と、
自己保身と自己欲求の実現に
邁進しておられるんですよ。(呆)

本当に安倍さんしかいないんでしょうかねぇ。
自民党さんの中に、もう少しまともな方は
いらっしゃらないのでしょうかねぇ。

責任をとらずして権限を行使する人が
トップにいる組織なんて
民間ではどこにも見当たらないですよねぇ。

・・・というか組織が成り立たないですよ。

永田町内会は、もはや理解不能ですよ。






2020.05.25  三流亭まん丸  編集

森・賭け!さすがナイス♪
って喜んでられんけど(;´▽`A``
しかし、「国民の皆様のご批判は真摯に受け止めたい」。
受け止めっぱなしなんですけどねぇ。
一回ぐらい、反応としてちゃんと投げ返して貰いたいもんだ

2020.05.25  ほんなあほな。  編集

ほんなあほな。さん、コメントありがとうございます。

もしかしたら安倍さんは、

右から来たものを左へ 受け流す~♬

の達人なのかもしれませんよ。

普通の神経だったら、
これだけボカスカ叩かれたら、
ホコリのホも出なくなっちゃうでしょ。

・・・て、まだまだホコリまみれなのかも。 (苦笑)

さすが、ムーディー晋三さん!
っていいたいところですが、
我々国民としては、これだけの疑惑たちを
サラッとは受け流すわけにいかないですよねぇ。


2020.05.25  三流亭まん丸  編集

もうダメでしょうなあ。女子プロレスラーの自殺事件をネタにして、「受け手が誹謗中傷と受け取れる書き込み」を規制する法整備が、「大衆の圧倒的同意のもと」行われようとしてますからねえ……「安倍はバカだ」と当たり前のことを書いただけで「誹謗中傷に当たるから削除しろ」って世の中が、すぐそこまで来てますな……。

2020.05.25  ポール・ブリッツ  編集

ポール・ブリッツさん、コメントありがとうございます。

誰が見ても疑いようのない見解
「バカ」を「バカ」
「アホ」を「アホ」
「ろくでなし」を「ろくでなし」
「昭恵」は「昭恵」と正直に書くことは、
決して誹謗中傷ではないと思いますが、
ま、共謀罪もありますし、
言論の自由・思想信条の自由・結社の自由は、
政権の不当な理不尽の前に
弾圧されていくのでしょうなあ。(苦笑)

でも、我々にはまだ
権力の弾圧と戦う為の武器、
「察する」があります。

直接的な批判の表現をせず、
「いやみ」「褒め殺し」を駆使して
戦っていけばいいんですよ! (笑)




2020.05.25  三流亭まん丸  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020.05.25    編集

♪知恵出せ!金出せ!辞表出せ!
でんでん虫虫の替え歌だとメールきて笑ったよ。
しかしなんで選挙変わらないんだろうね。阿部さんって運のいい人。森、かけ、桜、これまでか?と思ったらコロナで助かる?辞めてくれ!

2020.05.25  サン  編集

鍵コメさん、コメントありがとうございます。

辛いこと、悲しいことがあるときは
思いっきり泣いてしまった方がいいそうですよ。

悲しみ成分が涙に溶け出して、
心が和らぐんだそうです。

落ち着くまではご無理なさらず、
どうぞ心のままに。

2020.05.26  三流亭まん丸  編集

サンさん、コメントありがとうございます。

上手いメールですねぇ(笑)

私も昨日ラジオで
「黒川さんの退職金は点棒で払ったらどうだ?」
っていうのを聞いて、大笑いしちゃいましたよ。

選挙でで政権が変わらないのは
小選挙区制だからですね。

投票率が半分、
そのうちの25%が自民党に投票すれば、
全有権者数の12.5%しか
自民を支持しないにもかかわらず、
衆院全議席の約6割以上の
300近い議席が獲得できます。

1か0の選択は、
0.8や0.2の意見を切り捨てるということ。
それはすなわち多様な意見を排除し、
極端な主張に偏る結果を招きます。
さらに、接戦だった場合は
約半数の有権者の意見が切り捨てられてしまうのです。

これだけ多様化した社会、
マイノリティの尊重が重要と認識されている社会において、
極端な主張の政党に票が集まる選挙制度は、
国民の声を正確に反映しているとは到底思えません。

1選挙区から複数の当選者が出る中選挙区制が、
「今の世には」必要なのではないでしょうか。
(もちろん、中選挙区制にも弊害はありますけどね。)





2020.05.26  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
オヤジギャグまみれの、ただのちょいエロオヤジでございます。

しかも「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは、何ら関係ございません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.