FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

生きている喜び、とは?
三流亭まん丸でございます。

やっぱり、一生懸命汗かいて働いて
シャワー浴びた後のよく冷えたビール…かな。

クーッ!



つい最近こんな話を耳にしました。
生きている喜びを感じるときっていうのはどういう時か。

 1、人に愛されていると実感できるとき
 2、人から褒められたとき
 3、人の役に立っているなと実感できたとき
 4、人から必要とされていると実感できるとき

の4つのとき、人は生きている喜びを感じるんだそうです。


…そっか、だから最近あんまり、なんていうか、ブツブツブツ。


この話を聞いて以来、ジジ・ババの皆さんにとって、
ゆっくりのんびり何事もなく日々過ごすことが本当に幸せなんだろうか?
な~んて思うようになりましてね。

「おじいちゃん、居間でテレビでもゆっくり見ててくださいね。」
「おばあちゃん、それ私がやっておきますから、のんびりしててくださいね。」

…確かに優しく気遣われてるなぁと感じることはできますが
2~4の実感、つまり家族から褒められたり、
家族の役に立ってるとか必要とされているという実感は
全く感じることができないんじゃないでしょうか。

つまり、ただ生きているだけで、生きていることに喜びを感じられない??

うまくいえないんですけど、
ジジ・ババの皆さんは、隠居して、ただただのんびり過ごすよりも
われわれ若いもんからおもいっきり必要とされて、頼られ、あてにされて、
できる限り、できる範囲で社会の戦力として存在し続けることの方が
よっぽどうれしいんじゃないかと…。
(もちろん若もんがジジ・ババに最大限の敬意を払うのは当然ですけどね。)

「お前ら若造はまだまだじゃの。なっ、ワシじゃなきゃダメだろ?」
「さすがジイちゃん、頼りになるねぇ」

「やっぱりバアちゃんがやらなきゃ、うまくいかないよ」
「なに、これくらいのこと、アタシに任せときなさい。」

こういう方がやっぱり嬉しいし、生きている喜びを感じるんじゃないかな?

ジジ・ババが時間を持て余して意味もなく早朝から夜中まで
その辺をプラプラ散歩しているだけの精気を失ったような街から、
必要とされてやる気満々の活きのいいジジ・ババと、
われわれ若もんが一緒になって社会を動かす、活気があふれかえる街へ。

「高齢者はのんびりゆったり過ごしてもらわなければいけない」
「我々若い者が高齢者を支えていかなければならい」
という、これまでの考え方とそれに基づき構築されてきた社会制度から、
その考えとジジババへの敬意をベースにしながらも
ジジ・ババに生きる喜びを感じてもらえるような、
ジジ・ババパワーをフルに生かせるような社会へ大転換することが
少子高齢者化が進むこれからの日本に必要な事なのかもしれない…。


ジジ・ババに力とやる気がみなぎり、元気になれば、
労働人口の減少とそれによる税収の悪化、
年金・医療や介護負担増大といった諸問題が
一気に解決するかもしれませんしね。(ニヤッ)



もうすぐ「敬老の日」です。
「敬老」の意味を今一度考えなおす時期に来ているのかもしれませんね。






…どう?

普段くだらない事ばかり書いてますが、ちっとは真面目なことも書けるでしょ?
でも、そろそろ限界ですね。
真面目なこと書くと脳ミソ疲労度は通常時の5倍以上ですから…。




さぁ、疲れたからそろそろ家に

「けいろう」

かな。





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.